アベノミクス_001

キミのお金はどこに消えるのか【特別編】アベノミクスってナニ?

なぜキミ金でアベノミクスを取り上げないのかと質問されたので、
書き下ろし特別編です。
KADOKAWAとは関係ないプライベートでの更新です。






【↑】画像クリックで1話試し読みに飛びマス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

220
中国嫁旦那。

コメント4件

消費税増税法案には、景気条項と言うものが付帯していまして、これは政権当時の民主党内の反増税派の仕事です(自民党は、景気条項から細かい数字を省こうとしました)。景気条項を撤廃させたのは、自民党・安倍晋三政権です。この政権の経済政策が成功していたなら、無論、景気条項を外す必要も無かった筈ですけど、ね。拠って、安倍政権での消費税増税は、政権当時の民主党には起因せず、現与党たる自民党・公明党が、積極的に行った事です。
●消費税増税は民・自・公の「三党合意」により決定。「民主党の人が決めた」のではない。
なお合意にあった景気弾力条項は安倍首相が2014年末に衆議院を解散した総選挙での公約の一つとして撤廃した。
●”「アベノミクス」は第一次安倍内閣当時の自民党幹事長、中川秀直による造語であり、メディアに売り込んでいたともされる。2012年11月の衆議院解散前後から朝日新聞が使用したことをきっかけに多用され始めた言葉であるともされるが、「アベノミクス」「三本の矢」と言う呼称自体は第一次安倍内閣時から使用例がある。”
(Wikipedia等より)
消費増税も酷いけど、H35年10月からのインボイスも大変ですよ。誤解を恐れない言い方をすれば、実質的に免税事業者を無くすって事だからね。
「デフレ期の消費増税はしない」という公約を反故にしたのは、もちろん安倍総理です。
ただ、野党を見ても片っ端から消費増税に賛成しているから、酷い有様ですね。
共産党は消費増税だけには反対しているけれど、他の増税や緊縮に賛成しているので同じです。
.
与党も野党も、全ての政党が緊縮財政を掲げていたら、国民に選択の余地はありませんね……。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。