見出し画像

murmuring note no.10

知覚不可能な極小の変化、予想を裏切る物質の脈動。ここから結論されるのは、もっとも物質的なものはイメージ(仮象)であるということだ。なぜなら、物自体と思わせるいかなるものも物自体ではないから。物自体は知覚以前に感覚できない。したがって、物自体に収斂する物質的現象はすべてイメージである。それが反復されてステレオタイプに頽落する前に、その透明な力を味わい尽くさなければならない。それを忠実に実践するのが、アートである。一回性が現代アートのアウラであるとは、まさにこのことである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
美術評論家