見出し画像

member: Pope.L, 1978–2001(10/21/ 2019~2/1/2020)@MoMA〈上〉

Pope.L(1955~)は、自らを“a fisherman of social absurdity”と呼ぶ。

画像1

その真意は、かなり複雑である。なぜなら、彼が漁師として捕えるsocialとabsurdityの間には矛盾とまではいかないが、懸隔があるからである。それが、彼の活動の出自となる時代背景に起因していることは明白だろう。その時代は、60年代からの公民権運動と過激なアフリカン・アメリカンの武装闘争、と80年代からのポストモダンの興隆期に挟まれた時期なので、余計に表現が複雑に縺れることになる。
とはいえ、彼が強調する作品の特異性の「穴」が、この引き裂かれた状態に助け船を出し、彼を時代の荒波に巻き込まれて溺死することを免れさせたのだ。

画像2

その一部始終を作品を通じて追跡したサーヴェイが、本展覧会だった。MoMAもNew MuseumのHaacke展同様、タイムリーな企画の展覧会を開催した。というのもそれらの展覧会は、ポストコロナのアートに、目立たないが確実な影響を与えるだろうから。


画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12


画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

画像24

画像25

画像26

画像27

画像28

画像29

画像30

画像31

画像32

画像33

画像34

画像35

画像36

画像37

画像38

画像39

画像40

画像41

画像42

画像43

画像44

画像45

画像46

画像47

画像48

画像49

画像50

画像51

画像52

画像53

画像54

画像55

画像56

画像57

画像58

画像59

画像60

画像61

画像62

画像63

画像64

画像65

画像66

画像67

画像68

画像69

画像70

画像71

画像72

画像73

画像74

画像75

画像76

画像77

画像78

画像79

画像80

画像81

画像82

画像83

画像84


画像85

画像86

画像87

画像88

画像89

画像90

画像91

画像92

画像93

画像94

画像95

画像96

画像97

画像98

画像99

画像100

画像101

画像103

画像104

画像105

画像106

画像107

画像108

画像109

画像110

画像111

画像112

画像113

画像114

画像115

画像116

画像117

画像118

画像119

画像120

画像121

画像122

画像123

画像124

画像125

画像126

画像127

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
美術評論家

この記事が入っているマガジン

アートのある光景
アートのある光景
  • 10本

BeforeCoronaのアートシーンを振り返る試み。AfterCoronaにつなげるための記憶のアーカイブ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。