新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

murmuring note no.16(表現は境界に出来する)

境界で生起することに注意を巡らせよ!
自己の圏域ではない。私的所有は自己を腐敗させるからだ。他者の領分でもない。そこに取り込まれれば、自己疎外という大事故が発生する。
内部と外部、自己と他者の間に引かれた不可視の境界に生起する出来事に意識を集中する。それを追跡することだ。それがエクリチュール(書かれたもの)となる。
シーニュ(言語)したがってテクスト(表現)は境界に出現する。外部でも内部でもない。自己が境界の表面に現れた他者と対峙する場所がテクストである。したがって読解するとは、著者である他者に感情移入(同化)することでも、もう一人の著者として他者のテクストをリライトすることでもない。
自己と他者が遭遇する境界に生起するテクストという出来事の目撃者にならなければいけない。しかし、その内容はいささかも表層的ではない。自己と他者を複雑に反映するからである。
ジョン・アーリによればモダンの主体は「移動」を含意する。だが現在、地球上に蔓延する悲惨な停止劇は、モダンよりポストモダンの終焉を印しているのではないか? ポストモダンは、モダンの主体の移動の末にグローバル化された世界である。そのようにして「移動」が不可能となったポストモダンの採用した苦肉の策の擬似的移動が、リアルであれヴァーチュアルであれシミュラークルである。
ポストモダンの移動とはシミュラークルの変形であり、変形されたシミュラークルは新たなシミュラークルとなる。以下、同様。ポストモダンの境界で生起するテクストは、シミュラークルの輪舞だったのだ。ポストモダンのテクストの読解が、シミュラークルのそれである理由である。
したがって、ポストモダンの移動の停止はシミュラークルの死である。新型コロナウイルスの世界的流行は、このシミュラークルの死、つまりポストモダンの終焉の宣告あるいは予行演習ではないか? その告知/予言のために地上に派遣されたサタンが、新型コロナウイルスだったのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
美術評論家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。