見出し画像

作品を発信すると?【シルバニアファミリー】

どうも篠原健太です。コマ撮りアニメーターという珍しい仕事をしています。

先日、新しいアトリエでのコマ撮りテストも兼ねてシルバニアファミリーの人形を撮ってみました。

鉛筆を削るショコラウサギのファミリー

15fps 約200コマのループアニメーション

撮影から編集まで休憩なしでぶっ続けでやりました。僕は作ろうと思い立って完成までに一気にエネルギーを集中してしまうタイプの人間なので、今回は14時間くらい作業を続けていました。

「コマ撮り」は「ストップモーション」ともいいます。人形などの物体を少し動かして写真に撮り、また少し動かしては撮り、を繰り返していくことで、後からその写真を連続で見たときにあたかも自ら動いているように見せる技術です。

お仕事ではゼスプリキウイのCMやNetflixのリラックマとカオルさんに参加しました。そして趣味ではこういったオモチャをコマ撮りして発信しているのです。

篠原のTwitter

Twitterでもたくさんの方にコメントをいただけて嬉しいです。ありがとうございます!普段は会えない人から感想をいただけるのがSNSの良いところだなあと改めて思いました。Instagramもやってます!

オモチャのコマ撮りで幼い頃を思い出すって本当素敵だなぁと思います。

コマ撮りの技術的なことはさておき、観る人の想像力をかき立てるアニメーションというのに僕はとても興味があります。
例えば、今回のシルバニアのコマ撮りだと、表情の変わらない人形から観る人へどのような印象を与えることができるだろうかと考えたり、鉛筆削りの奥を見せないように設計したりです。「ショコラウサギたちが鉛筆削りに登るために何か台のような物があるのだろう」とか「ショコラウサギの赤ちゃんはお父さんが持ち上げているのかも」と観る人は想像すると思います。

僕は想像する余白を作るのが好きです。

そして皆さんの感想を読むと本当に勉強になるのでありがたい!全部チェックしています。

自分のため

僕は「世界の感動時間を増やそう!」と謳って活動しています。

キャッチフレーズっていえばキャッチフレーズですが、これを言い出したのはビジネス目的ではありません。(ビジネス目的ならもっとちゃんと考える!)

この愚直な文句は自分に言い聞かせるために言いはじめたもので、日々コロコロと変わってしまう自分の気持ちをセンターに戻すためのスイッチです。

そして約一年半色々とやってきました。

みんなの楽しめるコマ撮り作品を発信したり、みんながコマ撮りをもっと楽しめるようにノウハウを教えたり、道具を手配して販売したり、みんなが繋がれるようにアニマソンというコマ撮り大会を開いたり、、、。

よく周りの人から「なぜノウハウを無料で出すの?聖人なの?」と言われます。みんながコマ撮りを楽しめるように僕が発信をしているように思っていただいてるようです。僕自身もそう思っているふしはありました。

しかし最近気がついたことがありました。僕は人を感動させるために活動しているのではないっぽいということです。

あれ?

誰かのためにやっているのではなく、自分のためにやっていたのです。

誰かが感動している姿を僕が見たいのです。

壮大な自己満でした!笑

以後よろしくお願いします!

世界の感動時間を増やそう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただきありがとうございます!サポートしていただけると面白い作品を作る費用になります!

励みになります!
235
■ストップモーションアニミスト ■オモチャのコマ撮りにチャレンジ中 ■世界的な賞を獲ったらしい。 ■リラックマやゼスプリキウイを動かしたらしい。 E-mail shinohara.kenta@gmail.com

こちらでもピックアップされています

アニメーション研究ノート
アニメーション研究ノート
  • 120本

自分のために書く誰かのための研究ノート。コマ撮りアニメーター(ストップモーション)という視点から技術や思考、仮説などを書いてます。

コメント (5)
とてもスムーズな動き、どれだけ細かな調整をされているのか想像もつきません…インスタもフォローしました。次の作品を楽しみにしています。
コマ撮り、面白そうですね。14時間、エネルギーいりますね。でも、なんとなく、インスピレーションが湧いたとき、なにか一気にしあげたくなる、いやそうしなければならないのか・・。ふと。
かわいいですね〜!!鉛筆削りを頑張るシルバニアのキャラたち、とっても癒やされます。娘がシルバニアを大好きなので、見せたいな〜と思いました。
人間には簡単にできる鉛筆削りも、人形サイズの世界では大仕事なんですね。
大学生の時に教授のアニメーションを手伝ったことがあり、興味がありました。
自分でも8ミリ映画を撮影していた時期があり、いつかはと思っていたのですが、
タイミングを逃して今に至っています。
作業時間を考えると、もう集中力が続かないでしょうね。
今後は方針を180度変えて見る方に回りたいと思います。(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。