人生にはテンポ設定の多様性が大切だ。

note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。


文章でも、思考でも大切なのはテンポ設定である。

ときには急流のごとく速くした方がよいし、ときには牛のごとくゆっくりと歩いた方がいい。

大切なのは、テンポ設定の多様性だ。

速読はできたらそれなりにプラスだが、いつも文章を速読で読んでいる人は大きなものを失う。

一行一行、一語一語、牛のように歩み反芻することでしか得られない気づきもある。

ときにはクレッシェンドで、またときにはリタルダンドで。

人生にはテンポ設定の多様性が大切だ。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

133
脳科学者。作家。ブロードキャスター。

この記事が入っているマガジン

コメント2件

noteでは長い文章は読みきる力がわきません。それだったら本を買えばいい。例え素晴らしい内容でも途中で飽きてしまう。短い文章でさっと読めるものが好みです。頭にも残り易い。
ひとつの文章にいろいろな想いが詰め込まれていること、あると思います。その人だけが書いているわけですし。んで私はループ視聴です。同じところでぐるぐる回る人生かよって言われそうですが、それはそれでMy Life.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。