「排中律」を守るかどうかといった枝分かれはあるけれども


note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。

 たくさんの言語を話すことができることは結構なことだけれども、世界には数千の言語があると言われているから、キリがない。

 母語に加えて英語ができれば、英語が第二言語の人どうしでもコミュニケーションできるから、それで十分な気もする。

 それよりも、数学やプログラミングを学んだ方が、現代においては有意義だろう。

 プログラム言語は人為的なものだけれども、その根底には論理的、システム的思考がある。

 数学は最高の不変言語であり、表記の仕方などはいろいろあっても、最後は一つの像に収束していく。

 「排中律」を守るかどうかといった枝分かれはあるけれども。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
70
脳科学者。作家。ブロードキャスター。

こちらでもピックアップされています

必須教養としての「語学」
必須教養としての「語学」
  • 189本

日本人の大部分が気づかずにいる事実――それは「情報鎖国」としての日本の姿だ。 ビジネス書のベストセラーも、海外のそれは分厚いページを濃密な情報がびっしり埋め尽くす高価な超大作なのに対し、日本では1~2千円台の薄っぺらいものが好まれる。ニュース番組に至っては、有名人のくだらないゴシップや、政治家のどうでもいい茶番劇ばかり垂れ流す一方、今も地球の裏側で起きている深刻な問題に言及する国内メディアは少ない。 また、日本では毎年6万点余の書誌が発行されているが、英語圏では18万点。しかし、我々は12年の義務教育のうち半分も英語を学んできたにもかかわらず、3倍もの情報量を持つ英語のメディアにアクセスできない上、ビジネスでも使いこなせないために著しく損をしている。 言語とは疎通と理解のための道具であり、その学びに応じて見聞も広がるのだ。いわんや世界を目指すクリエイターにとっては必須教養といってよい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。