健康は元気と病気の調和

ヘルシーBox健康支援BonAppetit 植村瑠美

新年あけましておめでとうございます!平成30年もどうぞよろしくお願いいたします!

という挨拶をした日も随分と前のことになった頃でしょうか。「平成30年!平成生まれもついにミソジになるわけだ!」と思うとなぜかワクワクしている、植村です。

私には最強の祖母がいます。何が最強かって…どうやら閻魔大王にも恐れられているようなのです。平成28・29年の健康学習学会でのセッション「健康学習ベーシック」でも登場した【あの祖母】です。「おばあ様はお元気?」と気にかけていただいくこともあります。今回はそんな祖母の話をしたいと思います。

現在89歳の祖母は、おじ夫婦(祖母からみると息子夫婦)と同居しています。若い頃から心臓に病気を抱えており、30代に一度、70代にもう一度、病状が悪化して【死にかけた】ことがあります。さらに2016年1月3日には…ついに心臓の動きが止まって救急搬送されました。

もともと心臓が悪く高齢ですので、救命センターで受けた医師からの説明は「厳しい状況である」というものでした。秋頃から体調が悪くなり始めていたので、自然の流れ、自宅へ退院することは難しいのだろうと私は予測していました。

救命センターで多くの管に繋がれた祖母はまさに「重病人」。集中治療室で数日間管理され、一般病棟へ移ってからまた会いにいきました。けれど、まだまだたくさんの管につながっている状態。ベッドの上に座って食事をしようとしても、筋力がないから背中の方へ転がってしまう。主治医からは「だいぶ元気になったね」と言われましたが、自宅に戻ることは厳しいかな、良くて施設へ入所かなというような状況でした。

ところが!

毎日、家族が代わる代わる様子を見に行くと、日に日に元気に…。

あれ?なんだか口が達者になってきた。

え?ベッドの上で座れるようになってきた。

あら!歩行器があれば部屋のトイレへ行けるの?

そんな変化を徐々に重ね…主治医が驚くほどのスピードで回復。

予想より大幅に短い1ヶ月未満で、さらに自宅へ退院しました。

その後、デイサービスやデイケアへ通い、外来通院しながら療養中です。春になったらお散歩を始め、近くの喫茶店へコーヒーを飲みに行き、9月のお誕生日には久しぶりに外食。ランチをペロリと食べた後に、喫茶で生クリームたっぷりのココアをペロリ。けれど、「だいぶ元気になったし、近場で旅行でもしてみる?」と聞くと「まだそんな自信はない」、「迷惑をかけるだけだし、もう行かない」と言っていました。

ところが!

心停止から2年弱。ついに旅行を楽しんできました♪

卒寿のお祝いを兼ねて、祖母・母・私の3人で、2泊3日の修善寺温泉の旅。旅館でのんびり過ごして、美味しいものを食べて、温泉へ入ることが目的の旅行。観光はお寺と温泉街をふらりと散歩する程度。シルバーカーを押しながらのんびり歩く祖母は、旅館の人や街の人に「お元気ですねー」「旅行に来られていいですねー」と声をかけてもらえるととっても嬉しそう。

心停止する前はだいぶ弱っていて、庭先で転んだ後に自力で起き上がれなかった祖母が、旅行中は畳に座った状態から、ヒョイっと立ち上がる!お薬で体の状態をコントロールしてもらいながら、しっかり食べて、リハビリをするって本当に大切だと感じました。

もちろん、旅行前に主治医へ旅行の可否を訪ねました。そうすると「1泊と言わずに2泊でもゆっくり楽しんできてください」と言っていただけたのです!こんな主治医の気持ちにも感謝です。

そんな祖母を見ていると「健康=病気ではないこと」は違うということがよくわかります。心臓の状態は非常に悪い。こんなに動いて、たらふく食べてよく心臓が耐えられるなぁと思ってしまいます。おそらく「病気軸」はマイナス3でしょう。けれど「元気軸」がありえないくらい高いのです。そして「元気軸」を高くさせている要因、つまり祖母の元気の秘訣は、「好奇心」「好きなことがある」「適度のストレス」「ストレスを発散できる相手がいること」「現在の自分にあった目標設定ができる」、これらがあると考えます。祖母は好奇心旺盛。オシャレに興味があるので、孫世代の持ち物を見て「今はそういうのが流行っているのだね」と、よく観察をしています。さらに見慣れないものにはとても興味を示します。そして祖母の元気の秘訣として一番注目することは、「現在の自分にあった目標設定ができる」ということです。好奇心のアンテナをはりつつ、「あれもできない」「これもできない」と思うのではなく、現在の自分は「あれができる」「これができる」、「あれがやってみたい」「これがやってみたい」と自らをワクワクさせているように見えます。また、周りも「おばあちゃんは何もできない」ではなく、「おばあちゃんは◯◯ができるから助かる」「◯◯ならやれそうじゃない?」と声をかけることが大切であるとも感じます。

30代に一度、70代にもう一度、さらに80代でもう一度、三途の川まで行ったのに、下見だけして帰って来るなんて…もう閻魔大王に恐れられているとしか思えません。そんな祖母の「病気減らし」は主治医へお任せして、家族は祖母と一緒に「元気増やし」ができるように楽しんでいきたいと思います。

ちなみに…祖母は、【あの母】の母です。【あの母】をご存知の方も多いかと思いますが…【あの母】がどんな母なのかが気になる方は、どうぞ今年の健康学習学会へお越しくださいね♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
4
理念 日本を貫く元気を巻き起こす集団でありたい 対象 健康学習学会は、現場の最前線で健康づくりにとりくむプロフェッショナルのための学会です 内容 世界の最新の健康づくりのトレンドやビジネスや教育など多分野の知見を分かち合います
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。