見出し画像

ダラムサラプロジェクトは世界を森にするプロジェクトです。

**Dharamsala Project is a project to make this world covered with forests. **

ダラムサラ(インド北部の避暑地)に世界を森にするパーマカルチャーエコビレッジを作ります。
持続可能・多様性・調和をモットーに、みんなが幸せに生きられる世界の実現です。
We will make permaculture eco village in Dharamsala (summer resort of India) and promote global afforestation.
With the motto of sustainability, diversity and harmony, we will build the world where everyone can live happily.

ダラムサラプロジェクトのトイレ

Toilets of Dharamsala Project

メタンガスが取れるトイレとコンポスト型のトイレを2個作ります。循環型のビオトイレをダラムサラプロジェクトでは採用します。
We will make toilets that can take methane gas and we also make 2 other compost type toilets. We will adopt recycling bio toilets in Dharamsala.

まず穴を2個掘り 交互に使います。水分は石積みの側面と下部から地下浸透し発酵浄化します。
土の中で浄化して汚染しない広さも必要です。
First we dig two holes and use them alternatively. Liquid percolates underground from the stone-piling side and bottom of the hole and will ferment and be purified. It is also necessary to have enough space for the liquid to be purified in the soil so that it may not pollute the area.

日本の場合は簡易水洗にするといいですね。
In the case of Japan it is better to make a simple flush toilet.

石積みの円形地下浸透層 ウンチだけが残り 発酵すると1/100くらいになるので2年くらいは使えるようです。
Stone-piling circular layer for underground percolation
Only excrements are left behind. The volume will be reduced to about 1/100 when fermented. Thus, this hole can be used for about 2 years.

8分目になったら流れの水路を変えてあげます。8分目になった層は発酵して水分が抜け
When the hole is 80% full, we will change the flow. 80% full layer will ferment and liquid will be removed by percolation.

匂いもありません
これを砕けばコンポストとしては最高です
It doesn't smell at all.
Broken into pieces, it can be best used as compost.

またメタンガスを取るシステムを作るのも循環型が生まれて無駄にならない
Making a system to take methane gas promotes recycling with no wastes of resources.

これは小さなシステムだけれど
Although this is a small system ....

メタンガス発酵装置を作りそのオーバフローの水分を庭の畑の土壌に穴を開けたパイプで誘引 作物を作ります。
A methane gas fermentation device is made and overflow water is run through the pipe with small holes to water crops in the field.

メタンガスはガスとして使え水分は液肥として肥料となります。
メタンガスでモーターを回し発電も可能です。Methane gas can be used as gas. Liquid can be used as liquid manure.
Methane gas can also be used to generate electricity by running a motor.

館長のビンデシュワル・パタクさんともお話しでき著書もサイン入りでいただきました。
ガンジーのお孫さんが講演できており一緒に記念写真を撮っていただきました。
I was able to talk to Mr. Bindeshwar Pathak, the director and he gave me a book with his autograph. Gandhi's granddaughter was there, too. She came to give a lecture and we took a commemorative photo together.

ガンジーのお孫さん
Gandhi's granddaughter

排泄物の処理とカーストの問題に長年取り組んできたのが、ニューデリーのNGO「スラブ・インターナショナル」の創始者ビンデシュワル・パタク(74)さんから本をいただきました。
Mr. Bindeshwar Pathak (74), the founder of Sulabh International, New Delhi based NGO, has worked on waste disposal and the caste problems for many years. I received a book from him.

ダラムサラプロジェクトトイレ部門のビジョンが見えてきました。
東南アジアのように池に流し池の魚が餌として食べその水は田んぼで使い畑に流れるデザインもおもしろい

さあ後は作るだけです。
現地のものだけで安くできそうです。

The vision of the toilet department of Dharamsala Project has become clear.
Like the cases in Southeast Asia, pour the water into the pond and fish in the pond will eat it and then it will flow through the paddy field and then reach the field. This kind of design is interesting.

Now all we have to do is just to make it.
It is likely that we can make it cheap if we use only on-site items.

トイレミュージアムで記念すべき写真です。
トイレの聖人と呼ばれ館長さんのビンデシュワル・パタク(73)さんと講演に来ていたガンジーのお孫さんと記念写真を撮りました。
It is a picture for commemoration taken at the toilet museum.
I took a photo with Mr. Bindeshwar Pathak (73), director who is called the Saint of toilets, and a granddaughter of Gandhi who came to give a lecture.
ガンジーはイギリス人とインド人の間の差別をなくすにはトイレ掃除をする最下層の人たちへの差別意識をなくすことが重要と自らトイレ掃除を率先して行いました。
ガンディーは政治的な独立よりも、自立した平等な社会を作ることこそが真の独立だ、と考えていたのに違いない。
Gandhi took the initiative in cleaning toilets by himself because he thought it important to eliminate discriminative consciousness toward the lowest people whose job was cleaning toilets. He thought this would be the prerequisite condition for eliminating discrimination between British and Indians.
It is certain that Gandhi's idea on true independence is to make independent and equal society rather the mere political independence.

「スラブ国際トイレ博物館」とは
インドのニューデリーには非営利で365日休む事なくひっそりと運営されている「スラブ国際トイレ博物館(The Sulabh International Museum of toilets)」という奇妙な博物館があります。

昨年も訪れ今年はダラムサラプロジェクトの持続可能なデザインの一環としてビオトイレを作ります。
その段取りを今年できればと思っています。
I visited the place last year, too and I will make a bio-toilet as a part of the sustainable design of the Dharamsala Project this year.
I am hoping that the setup can be done this year.

トイレと水の確保 これからの課題です。
Toilet and water preservation is the challenging task for the future.

今まで作ったコンポストトイレまとめて見ましたhttp://www.ultraman.gr.jp/perma/conpostall.htm

These are the compost toilets I ever made.
http://www.ultraman.gr.jp/perma/conpostall.htm

●エラ・ガンジー女史(1940年~)
南アフリカ生まれ。69歳。
平和活動家、ダーバン工科大学学長。元・南アフリカ議会議員。マハトマ・ガンジーの孫。
南アフリカ大学を卒業後、社会福祉の分野で活動。50歳台から政治分野で活動。政府の弾圧を受けて、8年間自宅軟禁状態になったり、息子が暗殺されたりした。そんな苦難を乗り越え、2003年まで南アフリカの国会議員として活動。現在はこれまでの経験を生かし、様々な平和活動団体の創設や、その団体の会長や役員として平和を訴える活動を展開中。

● Ela Gandhi (1940 -)
Born in South Africa. She is 69.
Peace activist, president of Durban University of Technology. Former member of the South African Parliament. Granddaughter of Mahatma Gandhi.
After graduating from South Africa University, she was active in the field of social welfare. Activities in the political field from the age of 50s. Having been suppressed by the government, she was under house arrest for eight years. Her son was assassinated. She overcame such hardships and worked as a parliamentarian in South Africa till 2003. Today, taking advantage of her experience, she organized various peace-keeping groups and activities to appeal for peace as a chairperson and officer of the group.

●マハトマ・ガンジー(1869~1948年)
インドを独立に導いた思想家。南アフリカでの活動を通じて、「非暴力」「自己浄化」「不殺生」の3つを柱とする戦いを確立。インド帰国後はこの考え方を、イギリスに反抗するインド人の民族運動に広めていった。

● Mahatma Gandhi (1869 - 1948)
A thinker who led India to independence. Through activities in South Africa, he established a battle with three pillars of "nonviolence", "self-purification" and "non-killing". After returning to India, he spread this idea to Indian ethnic movements rebelling against the British.

●排泄物の処理とカーストの問題に長年取り組んできたのが、ニューデリーのNGO「スラブ・インターナショナル」の創始者ビンデシュワル・パタク氏(74)。自らが開発した簡易水洗トイレの普及を73年から各地で続け、「トイレの聖人」の異名を持つ。
 ビンデシュワル・パタク氏は同時に、最下層カーストの人たちが別の仕事に就けるよう、小中学校や職業訓練校を設立した。ニューデリーの学校には、約500人が学んでいる。洋服の仕立てを学んでいるイリーナさん(17)は父親を亡くし、母親がトイレ掃除の仕事をする。「母は懸命に働いている。私には他の仕事を選べるように頑張りなさいと言ってくれる」と話した。
● Mr. Bindeshwar Patak (74), founder of New Delhi's NGO "Sulabh International" He has worked on waste treatment and caste problems for many years. He continued to spread the simplified flush toilet developed by himself in various places since 1973 and has the synonym of "saint of the bathroom".
At the same time, Mr. Bindeshwar Patak set up elementary and junior high schools and vocational training schools so that people in the lowest caste can take different jobs. About 500 people are learning at the school in New Delhi. Irina (17), who is studying the tailoring of clothes, lost his father and his mother works cleaning the toilet. "My mother works hard, she tells me to study hard so that I can choose other jobs."

Narendra Damodardas Modi、1950年9月17日 - )は、インドの政治家、第18代インド首相。前グジャラート州首相。とビンデシュワル・パタク氏

Narendra Damodardas Modi, September 17, 1950 - ) is an Indian politician, Prime Minister of the 18th Indian. Former Gujarat Prime Minister. and Mr. Vindeshwar Patak

日本でガンジーの本を翻訳されている片山さんが英語に翻訳してくれました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
信州安曇野にあるシャンティクティの暮らしをお届けします。自然の中での暮らしを体験しながら、それぞれのペースでゆったりとした時間を過ごしていただきたいと思っています。http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。