見出し画像

書くメシナイト第4弾レポート

元ホームレスライターのツダケンゴ(@kengo01608654)です。

前回の書くメシナイトから4日しか経ってないなか、今度は北九州市小倉北区のシェアオフィス「compass小倉」で開催されました・・・!

私ももちろん参加しました!(笑)

ということで、今回の第4弾がどんな内容だったのか見てみましょう!

書くメシとは一体なに?


書くメシは、書くことを仕事で生かしたい人が集まっているコミュニティです。

私のような専業ライターだけではなく、ブログの書き方を学びたい人も来ていました。

詳しい内容は下記サイトに記載してあります!

主宰は

ビールが大好きな

カワゾエユウキ@kawazoezoe)さん

と、

プログラミング講師をしている

佐々木基之@moto_ssk)さん

の2人。


初回費用3,000円だけ払えば、月会費無しで学べるコミュニティです。

(初回費用は、今後変更になる可能性もアリ)

書くスキルの他に、マーケティングやマネタイズなどについても学べます。

書くメシナイトで学んだ内容は?

今回もnoteの活用法などを中心に学びました。

noteは使える機能が少ないため、他のブログと比べて使い勝手が良いこと。

執筆するモチベーションを上げる仕組みがnoteに備わっていることなどの話題が出ました。

noteを活用している人の発表

前回とは違い、今回はnoteを活用している人の発表がありました!

1人目は「高橋建ニ」さん。

61日間noteを更新している「継続の鬼」です!(2018年12月1日時点)

途中で連続更新記録がストップするのは嫌!という理由で、更新し続けていると話していました。

noteを書く仕組みを作るのが上手いです!

継続が苦手な人は、高橋さんと会ってみると良いかもしれませんね。


そして、もう1人は・・・

はい!わたくしツダケンゴです。

noteを使うメリットや文章の書き方、スムーズな執筆をすすめるためのコツなどライターっぽいことを少しだけ話しました。

ラストは佐々木さんの話

大トリは佐々木さんのトーク。noteの機能性の他に、30歳以下のメンバーがnoteで連載しているマガジン【日刊書くメシU30sマガジン】についての話題も出ました(私も水曜日にアップしています)。

佐々木さんの話が終わった後は、ビールを飲んだりおつまみを食べたりしながら、懇親会を楽しみました!

書くスキルだけではなくマーケティング・マネタイズスキルを上げたい人にもおすすめのコミュニティです。興味がある人は、参加してみると良いかもしれませんね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も1日、ハッピーな気持ちになれますように!
10
コラム記事の他に、インタビュー記事やレポート記事の執筆も行っているフリーランスのライターです。 執筆の傍ら、福岡テンジン大学など、コミュニティでの活動も行っています!

こちらでもピックアップされています

〔報告:イベントレポ〕
〔報告:イベントレポ〕
  • 20本

弊社アイガモが主催がするイベントのレポートを集めた記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。