生活と人生、どちらを賭けるか

京都でカメラマンを生業としているKeng Chi Yang (けんちゃん)です。

今日の話題は「私の写真はナンなのだ」ってお話し。

以前まで「僕は写真に生活を賭けてるけど、人生を賭けてる人には勝てないな」と思ってた。最近は人生賭けて写真撮ってるかもしれないと思い始めた。何かが変わったのかもしれない。

こんなツイートをしました。
これについて読んでみたいと言っていただけたので、自分でも言葉にして整理してみます。

「写真に生活を賭ける」とは言葉通り、写真撮影の技術で賃金を稼いで生活する事、だと思います。僕みたいに写真撮影やそれに付随するお仕事が、主な収入源になっている人のことかなと思います。商業カメラマンって言葉が理解しやすいかと思います。または、沼にズブズブに浸かって、写真に生活費まで全て使ってしまう人かもしれません。


「写真に人生を賭ける」とは、、、難しいですね。そういう人が、見ていてそう感じる人が、僕が知っているだけでも何人かいるんです。生活の全てのシーンで狂ったように写真を撮る人、終わることが無い何かを求め彷徨い続ける人、刺される事を覚悟しながらも撮影を続ける人、、、様々な人が居ます。カメラマンに対して写真家と言えば良いのでしょうか。肩書きはそれぞれありますし、断言は出来ません。僕もまだ「人生を賭けて写真を撮り始めたかもしれない、と感じ始めたばかり」なのです。


では、なぜ写真に人生を賭けているかと思い始めたか。
これまでは「写真」を撮っていました。カメラを使い、何か被写体があって、それを写す。技術や知識を使い、うまいこと綺麗に写す。
今は「記録」や「創作」、「生活」や「感情」など、様々なものを撮っています。この違いは、どこからくるのでしょう。正直なところ、僕にもわかりません。なんとなく思うのは、これからもずーっと撮り続けるんだろうなーってこと。若輩者には、それで良いのです。悩みながらも撮り続けるしかない。そう思えるのが、人生を賭けて写真を撮ると感じ始めた理由です。


とは言っても、少しは言葉にしないといけませんね笑
これに関してひとつだけ思うことは「(仕事以外で)お手本をなぞる事を辞めた」んです。たぶんね。

突然ですが、商業写真にはお作法があります。そして良しとされるお手本があります。お習字やクラシックミュージックのようですね。初めは基礎練習から入って、物の使い方を覚え、少しずつ難しいことに挑戦していく。ある一定のレベルになると先生になれる。似たような事が写真業界でもあるんです。
そして僕は、最近そのルートを外れました。先に行ったとは言い難く、外れたが正しいでしょう。ただ、それは商業カメラマンの多くが悩むところだと思います。商業カメラマンとして撮る写真は、ぶっちゃけツマラナイんです。それはお作法が関係しています。そしてこのお作法がクセモノで、プライベートで撮る時にも憑いて来る。そのお作法から最近、少し脱却出来つつある。型を破り始めた。

これが僕が「写真」を撮っていた自分から「記録」や「創作」を撮る自分に変わった、写真に「生活」を賭けていたのが「人生」を賭けて写真を撮る自分に変わりつつある理由だと思います。

これからどうなるかわかりませんけど、今の自分はこんな感じです。少しずつ自分の形が出来て来るのかと思います。そうすれば紡ぐ言葉も変わるでしょう。10年後には反対のことを言ってるかもしれませんね笑

御高覧ありがとうございました。

Keng Chi Yang

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
133
Photographer based in KYOTO /Fine Art Portrait & Snap Shoot / シネライクな写真が好きです / FUJIFILM X-T2, X100F

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 16609本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (1)
お作法。学問の世界にもあります。なので、アカデミズムの人とそうでない人との間ではお作法がやはりちょっと違うのです。いくら頭の良い官僚の方がアカデミズムに入ってきてもお作法が違うのがすぐに分かるのです。その辺、難しいですね。。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。