見出し画像

誰も知らない情報を販売する方法

コンテンツ商品は、原価がほとんどかからなく、物販のように在庫リスクもなく、パソコンとスマホがあればいつからでも気軽にスタートすることができます。

あなたが、コンテンツ商品(PDF,音声、動画)を一度ネット上で販売する仕組みを作り上げてしまえば、あとはそのネット上のシステムが商品の紹介から集客、決済、商品の提供まで行ってくれます。

つまり、半ば不労所得と言っても過言ではない状態を構築することができるのです。

たとえ最初は、数千円でコンテンツ商品を販売しても、コンテンツを1つ2つと量産していくことで、月収にしたら数万円、数十万円と今の収入とは別に毎月積み上がっていく可能性もあります。

私の知る限り、「一人ビジネス」で完結できるビジネスで、軍資金や初期投資もほとんどかからず、手堅く収入を増やしていくビジネスはないと思っています。

誰の力も借りずに、半不労所得の仕組みを創ることができるのです。

しかし、多くの人はコンテンツビジネスに挑戦しますが挫折して諦めていきます。

その原因は、コンテンツビジネスの教材の多くが、最初の段階から難しいことをさせようとしているからだと思います。

やれセールスレターを書け、リサーチしろ、アイデアを絞り込めなど初心者の人にはハードルが高いために続けることができません。

しかし、これからコンテンツ商品を販売していきたい人にとっては、極限まで無駄なステップを省き、小難しいプロセスを省略した上で、最短最速で結果や成果を出せるノウハウだと思います。

そこで、今回コンテンツ商品を今まで販売した経験がない人でも、コンテンツビジネスをスタートさせるためのレポートを創りました。

ただ、実際にコンテンツ商品をゼロから作り、販売までの流れを完結させるノウハウを解説していきますが、ご自身のペースで進めていただいて構いません。

重要なことは、とにかく自分のコンテンツ商品を販売して最初の500円を稼ぐということです。

つまり、知識だけを詰め込むのではなく実際にコンテンツを作り、販売してみるという行動を起こすことが確実に「もの」になると思っています。

とにかく、数百円でも数千円でも稼ぎ、一度でもコンテンツが売れる経験をしたのなら、数万円、数十万円稼げるステージは見えてくると信じています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

心理カウンセラー、発達障害コミュニケーション指導者、電子書籍作家。静岡県菊川市在住。主な著書に『驚くほど自己肯定感がアップする本』『意外と知らない「大人の発達障害」の賢い生き方』など。

スキありがとうございます!
11
情報発信戦略プロデューサー、電子書籍作家。主な著書に『コンテンツビジネスの賢い始め方』、『実績ゼロから始めるコンテンツビジネス』など。成功する人生戦略をプロデュース:https://24auto.biz/kokoro-kizuna/touroku/entryform2.htm
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。