見出し画像

週刊金融日記 第138号 C→Sフェーズシフト時のパワープレイ(マインド編)、アベノミクス第二幕へ、皇居の隣の高級中華、英会話講師にまんまとトリガー引かれました、他

// 週刊金融日記
// 2014年12月1日 第138号
// C→Sフェーズシフト時のパワープレイ(マインド編)
// アベノミクス第二幕へ
// 皇居の隣の高級中華
// 英会話講師にまんまとトリガー引かれました
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 先日、ふらっとJR山手線の駒込駅にある六義園(りくぎえん)に行ってきたのですが、紅葉がめっちゃ綺麗でした。オススメですね。

●六義園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

★iPhone5Sでは夜の紅葉は綺麗に撮れませんでしたが、本当に綺麗でした。

画像1

 ところで、実現する可能性はそれほど高くないのですが、このニュースには思わず笑ってしまいました。

●Googleに検索エンジン事業の分割求める 欧州議会が決議採択
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0JB20T20141127

 やっぱり、ヨーロッパ人って、アメリカの成金への嫉妬で生きてるところがあるんだなぁ、と。没落貴族というメンタリティですかね。Googleの前に、ドイツ銀行とBNPパリバでも分割するべきだろう、と僕は突っ込んでおりました。
 日本は、いよいよ選挙ですね。12月14日に投票が行われます。確かに、自分の一票で選挙結果が変わることはまずないのですが、投票はひとつの義務なので、みなさん選挙に行きましょうね。

 恋愛小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』の続きです。

●Chapter2-11 作戦会議
https://cakes.mu/posts/6937

 今週の人生相談コーナーも、とても盛りだくさんの内容です。

―個人資産を投資する場合のポートフォリオを教えてください
―出会い系サイトとコンパとナンパの違い
―やっぱり風俗やキャバクラ通いがやめられません
―現代日本における幸せな女性像
―英会話講師にまんまとトリガー引かれました

 それでは、今週もよろしくお願いします。

1.C→Sフェーズシフト時のパワープレイ(マインド編)

 第68号の『Dキスとクリタッチのサイエンス』で、くわしく論じて以来、C→Sフェーズシフトにおけるパワープレイは、恋愛工学の重要な研究テーマとなりました。このテーマは、その後、さまざまな角度から検証され、議論は深化していきました。そして、そのテクニカルな側面に関しては、第131号でサウザーさんにより投稿された『聖帝十字撃』という技の完成により、ひとつの高みに達したと思います。
 以下に、関連論文をリストしておきますので、興味のある方は読んでください。

『週刊金融日記 第68号 Dキスとクリタッチのサイエンス』
『週刊金融日記 第108号 C→Sフェーズ・シフト戦略(理論編)』
『週刊金融日記 第126号 最終抵抗の科学』
『週刊金融日記 第131号 続Dキスとクリタッチのサイエンス(聖帝十字撃)』
『週刊金融日記 第133号 CフェーズとSフェーズの境界線のダイナミクス』

 そして、今週号では、サウザーさん(第63号 愛などいらぬ!)から、聖帝十字撃を使っても、グダグダを崩せなかった読者に対するアドバイスが届きました。

===============================
体育会学生のみのさん、こんにちは。
誰よりも愛深きゆえに愛を捨てた男、サウザーです。
第137号で、『奥義・聖帝十字撃』が不発に終わったとの事。
僕は自分のセックス案件をロストしてしまった比ではないレベルで、肩を落とし、胸を痛め、そして悲しみを背負っています。
申し訳ありませんでした。

しかし、真の恋愛戦士ならば、瀕死の重傷から立ち直る度に戦闘力が上昇し、悲しみを背負う事で奥義を会得するものと思います。
「次こそはみのさんに性交成功して欲しい・・・!」と、僕は悲しみを背負い、一つのレポートを書きました。
先日、20歳の女の子と成功(性交)した話です。
そして、その過程をまとめる中で、僕は聖帝十字撃に続く二つ目の奥義を見い出したのです。
名付けて『サウザーシフト』。

その前に、みのさんの投稿を読ませて頂いて、僭越ながら僕からのメッセージです。

(1) 女の子の問答に対し、素直に受け答えし過ぎているのが目立ちます。

この続きをみるには

この続き: 26,431文字 / 画像2枚
記事を購入する

週刊金融日記 第138号 C→Sフェーズシフト時のパワープレイ(マインド編)、アベノミクス第二幕へ、皇居の隣の高級中華、英会話講師にまんまとトリガー引かれました、他

藤沢数希

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

66
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』