見出し画像

週刊金融日記 第172号 LINEの爆発的普及により大きく変わった現代の恋愛戦略、金融レポートを大幅に拡充、京都鴨川沿いの老舗水炊き、妊娠しても仕事を続けたいです、他

// 週刊金融日記
// 2015年7月28日 第172号
// LINEの爆発的普及により大きく変わった現代の恋愛戦略
// 金融レポートを大幅に拡充
// 京都鴨川沿いの老舗水炊き
// 妊娠しても仕事を続けたいです
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 既婚プレイヤーの皆さんから、ぜひともKindle版を、という声が日に日に高まり、ついに実現しました。Kindle版発売です。

『ぼくは愛を証明しようと思う』
http://goo.gl/YM2lXZ

 もちろん、ケークスのほうでも連載しております。

Chapter5-11 恋と愛の違い
https://cakes.mu/posts/9497

 そして、金融関連のレポートを充実させようと思っており(このメルマガは金融やビジネスがテーマです!)、今週は株価指数や為替、コモディティの値動きが直感的にわかるように様々なチャートを作りました。まだ、仕様を固めている最中なので、何かご要望があればお知らせください。これらにプラスして、日本の主要企業30銘柄ほどのバリュエーション、重要な経済指標に関するレポートを作りたいと思います。専門外の人には、何がなんだかわからないでしょうから、これからブログやメルマガで懇切丁寧に何が何を表しているのか説明したいと思います。しばらく、お待ちください。

金融日記ウィークリー・マーケット・レポート
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52056426.html

 読者投稿コーナーも、いつもどおり充実していますね。自分でいうのも何ですが、本当に毎週濃いメルマガで、よくこんなものが週刊で続けられているなあ、と思いますよ。

―『ぼく愛』出版でどのくらいメルマガ読者が増えましたか
―妊娠しても仕事を続けたいです
―Tinderは使えます
―女性のイカせ方に関する実践報告
―嫁と子供が実家に帰っている間に職場のアイドルとゴール
―浮気がバレたって、なんのことはない。恐れず進め、恋愛工学戦士ならば

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.LINEの爆発的普及により大きく変わった現代の恋愛戦略

 僕は書いているときはほとんど意識していなかったのだけれど、『ぼく愛』には、文学としてひとつの重要な役割があったようだ。

===============================
藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』。
面白かった。
心の情緒作用をLINEで細密に描写した、初の現代小説ではないかと。
恋愛工学で知られる著者だが。
進化生物学の研究成果が窺える、高度な報告書でもある。

@asnhpy 浅野智哉(著述家)
https://twitter.com/asnhpy/status/616780705280819200
===============================

===============================
藤沢数希氏の新著を読んだけど、この10年で最高の文学だ。
この10年、誰も、ITで自由に繋がり個人がコミュニケーションする現代を、描けなかった。
個人が自由に繋がり、出会う可能性。
一見チープに見える「恋愛工学」というフロント看板は、作者の照れだろう。
芥川賞のレベルを遥かに超えている。

@allergen126 ベーコン(シンクタンク所長)
https://twitter.com/allergen126/status/616853596076793856
===============================

 それはITと恋愛の関係性である。現代の恋愛シーンは、もはやITなしでは語れないのだ。幸いなことに、作家としては若い部類に属する僕は、こうしたITが日常に溶け込んだ世界をずっと生きてきた。だから、恋愛小説を書く際は、特に意識することもなく、自然とITが日常生活に溶け込んでいる風景を描くことになる。そして、ITと恋愛を語る上で、最も重要なテクノロジーは、なんといってもLINEだろう。
 韓国のNHN社が、堀江貴文氏が創ったLivedoorを買収したのが2010年4月で、LINEアプリは日本で開発され、2011年6月に最初のバージョンがリリースされた。2011年11月には人気タレントのベッキーを起用したCMがヒットし、2011年末には1000万ダウンロードを達成している。しかし、この頃は、まだ、アーリーアダプターが使っている程度で、恋愛では、携帯メールやWebメール、電話が主なコミュニケーション手段だった。

● ベッキー CM LINE「笑う」「泣く」
https://youtu.be/e9WpqBRAWps

 そして、2012年4月、我々の『週刊金融日記』が創刊された。当時は、知る由もなかったが、ここから恋愛と科学が融合する恋愛工学の研究が爆発的に発展していくことになる。アインシュタイン、ボーア、プランクらが活躍し、革命的な発展を遂げた20世紀初頭の物理学のように、恋愛工学は次々と新しい理論を生み出し、このメルマガは世界中の恋愛工学の研究者たちが情報を共有する、世界最大規模の恋愛研究プラットフォームへと成長していった。

● 恋愛工学の主要論文
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

 時を同じくして、LINEはスマートフォン時代のコミュニケーションツールとして爆発的に普及していく。

● LINE10億ダウンロードまでの道のり
http://LINEcorp.com/ja/pr/news/ja/2014/766

 当然のように、LINEを使った効果的なコミュニケーションの方法については、恋愛工学コミュニティでも、常に重要なトピックであった。過去の膨大なLINEに関する研究は、「トリケラスクリプト」の開発者として著名な恋愛医トリケラトプス氏とゴッホ氏の共著論文としてまとめられ、ひとつのガイドラインが完成した。

『週刊金融日記 第158号 LINEコミュニケーションのパッシブ運用ガイドライン』

この続きをみるには

この続き: 32,491文字 / 画像4枚
記事を購入する

週刊金融日記 第172号 LINEの爆発的普及により大きく変わった現代の恋愛戦略、金融レポートを大幅に拡充、京都鴨川沿いの老舗水炊き、妊娠しても仕事を続けたいです、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
31
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』

こちらでもピックアップされています

週刊金融日記
週刊金融日記
  • ¥864 / 月
  • 初月無料

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。