見出し画像

週刊金融日記 第63号 愛などいらぬ! FRBの量的緩和縮小、広尾の美味しいフレンチ、ハゲたらどうするべきか、他

// 週刊金融日記
// 2013年6月24日 第63号
// 愛などいらぬ!
// FRBの量的緩和縮小
// 広尾の美味しいフレンチ
// ハゲたらどうするべきか
// 他 

 こんにちは。藤沢数希です。
 いままでは、まぐまぐ、ブロゴス、夜間飛行、とみっつのプラットフォームから『週刊金融日記』を配信してきたわけですが、今週号からいよいよブロマガも加わります。

藤沢数希『週刊金融日記』ブロマガ開設のごあいさつ
http://ch.nicovideo.jp/kinyuunikki/blomaga/ar266832

 ちなみに、僕はメルマガ作者として、プラットフォームに対して中立で、どれがオススメとかはありません。まだまだ、いまのメルマガ市場は、その潜在的な市場規模に比べれば極めて小さく、今後、どんどん成長していくと思っています。現在は、プラットフォーム同士でシェアを食い合うというよりは、どんどんメルマガ業界全体のパイを大きくしていく段階だと思っています。そのため、各プラットフォームと協力して、メルマガ市場全体の底上げに尽力していきたい所存です。
 読みたい作者が揃っているプラットフォームで各自購読したらいいんではないでしょうかね。

 ところで、ブロマガで一番売れてるメルマガはどうもGacktさんの『GACKTの中出し・生放送新聞』らしいです(未確認情報、ソースは忘れた)。それで、まぐまぐで一番売れてるメルマガはもちろん堀江貴文さんの『堀江貴文のブログでは言えない話』ですね。なんか、Gackt(イケメン)、堀江さん(金持ち)が、もっと人気者になって、もっと金持ちになっているような…。
 インターネットって、誰にでもチャンスがあるから、色んな人を幸せにする、というわけではなく、むしろ貧富の差を拡大する装置なのかもしれませんね。池田信夫さんが『過剰と破壊の経済学 ムーアの法則で何が変わるのか?』のなかで、次のようにインターネットによる技術革新を説明していたのを思い出します。

「あくなき利己主義と急激なイノベーションに駆り立てられるグローバル資本主義は、流動的でダイナミックな、しかし不安定で危険なシステムである。そしてムーアの法則は、情報処理の主役を大企業や官僚からユーザーに移して『民主化』し、ITで武装した個人が直接グローバルにつながる世界を実現した。それはフラット化してみんなが平等になるユートピアではなく、既存の権威や肩書きが意味を失ってすべての個人が対等に競争し、情報処理能力による所得格差が拡大する孤独な世界である」
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51882622.html 

 僕は、この孤独な世界で、読者にゼロサム・ゲームを勝ち抜くための武器を配りたい、という思いで、メルマガを毎週書き続けています。今週号も、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 ところで、最近は恋愛工学の研究を中心に活動していたのですが、近々、かなり面白い金融・経済の対談記事が2本ほど出ますので、楽しみにしていて下さい。

1.こんなに苦しいのなら…悲しいのなら…愛などいらぬ!

 昨年の春ごろ、僕はこのメルマガで恋愛工学の講義をはじめ、さまざまな恋愛相談に応じていました。そして、読者から、「メルマガのおかげで童貞を卒業できました」などのお便りを頂いたときは、とても嬉しかったことを思い出します。

週刊金融日記 第18号 読者が童貞を卒業

 もちろん、もともとモテていた男性読者が、恋愛工学を応用して、もっとモテた、というような報告は頂いていたのですが、童貞が成果を出した、という報告には感無量でした。
 その後、僕もさまざまな恋愛工学のテクノロジーを提供し続け、多くの男性読者が目覚ましい成長を遂げました。もはや、メルマガのおかげで童貞を卒業した、などという報告な何もめずらしいものではなくなりました。毎週のように、読者から、紙面の関係で全部を紹介しきれないほどの成功報告が届くようになりました。

 一方で、別の問題も出てきました。あまりにも恋愛工学が効き過ぎるため、僕のメルマガがきっかけでプレイヤーになった多くの若手男性読者から、時に傲慢とも受け取られる発言が増えてきたのです。このメルマガは多くの女性読者も読んでいるので、こうした発言に対して、たびたび女性読者から苦言が呈されました。

週刊金融日記 第62号 「女はメルマガで読んだ通りでアホだなグヘヘ…」みたいな、女性に敬意のカケラもない態度の男にガツンと言ってやって下さい

 そして、今週号では、そんな男性読者から『所長!僕は女性読者の方たちに一言申し上げたい!』というお便りが届いたので、まずはそれを冒頭で紹介したいと思います。

===============================
『女はメルマガで読んだ通りでアホやで!』

まさにそう思った男性読者の一人として、女性読者の方たちにどうしても一言申し上げたい。

まず前提として、週刊金融日記読者は、世の平均的男子よりも社会的地位・年収・知能が、有意に高い方に振れていると思われます。
色んな読者の方が居るとは思いますが、本家の金融日記などアカデミックな方面から週刊金融日記にたどり着いた方は、仕事も金銭も頭もそこそこ恵まれている層かと思います。
要するに勉強ばかりしてた奴が、けっこう多いんじゃないか?って事です。
きっと女性に対しても優しい男だったはずです。

この続きをみるには

この続き:37,511文字
記事を購入する

週刊金融日記 第63号 愛などいらぬ! FRBの量的緩和縮小、広尾の美味しいフレンチ、ハゲたらどうするべきか、他

藤沢数希

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

88
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。