見出し画像

週刊金融日記 第149号 男女の本能を理解する簡易モデルと恋愛工学のビジネスへの応用、ギリシャ問題、広尾の老舗フレンチ、結婚という宗教を考える、他

// 週刊金融日記
// 2015年2月17日 第149号
// 男女の本能を理解する簡易モデルと恋愛工学のビジネスへの応用
// ギリシャ問題
// 広尾の老舗フレンチ
// 結婚という宗教を考える
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 個人事業主やサラリーマンでも2000万円以上稼いでいる人たちは、確定申告のシーズンですね。僕は税理士にやってもらっていますが、それでも領収書を仕分けるのがけっこう大変です。ところで、クレジットカードなどの記録は過去半年程度しかウェブでさかのぼれなかったりするのですが、マネーフォワードなどを使って、クラウドで統合して保管しておくとかなり便利になります。

クラウド家計簿ソフト マネーフォワード
https://moneyforward.com/

 未来的には、物理的な貨幣を廃止し全て電子マネーにして、中央銀行は金融政策でいくらでも金利をマイナスにできるような世界になると素晴らしいかと思います。ずっと前に書いた記事で、僕のアイディアでもありませんが。

日本の経済問題をいっぺんに解決する貨幣廃止
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51613000.html

 さて、小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』が好評連載中です。

Chapter3-9 3度目のレストラン
https://cakes.mu/posts/7752

 今週号の人生相談コーナーの見所は以下の通りです。

―「婚前契約書」についてのバックナンバーを教えて下さい
―名古屋のデートコースの紹介
―脳に電極を刺したサルとモテてガールハントが上手いサルはどっちが幸せか
―大学受験に失敗しました
―お互いに与え合い満たし合う理想の関係を築いていけますように

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.男女の本能を理解する簡易モデルと恋愛工学のビジネスへの応用

問い 次のみっつの状態で、一番女に愛されるのはどれか?

 (1) 誠実にその女のことだけを愛している状態
 (2) 浮気しながら、そのことを隠している状態
 (3) 浮気してしまい、正直にそのことを打ち明けた状態

答え (2)

 恋愛工学を学んでいる者には自明だろうが、正解は(2)だ。(1)はプレSPなら非モテコミット(第36号)、ポストSPなら非モテフルコミット(第123号)の状態になっている。これでは1社だけに売上が依存する下請け業者のようなもので、足元を見られてとことん女に搾取される。(2)と(3)では、やっていることは同じなのだが、なぜ(2)でなければいけないのか? それは(3)は、無能の証明になってしまっているからだ。思い出して欲しいのだが、女はキスと嘘の上手い男が好きだ。(3)は少なくとも上手く嘘を付けないという無能さをさらけ出している。
 どこかで彼を失うかもしれないと感じているときしか、女は本気で男のことを愛せないようにできているのだ。

 女が好きな男にはふたつの要素があり、そのひとつが"Good Genes"だということは、本メルマガの読者にはお馴染みだろう。そのことを理解すると、なぜ女にモテるための正しい行動が、ことごとく我々の直感に反していて、また、世間の常識、あるいは道徳観に反しているのか、ということがよく理解できるようになる。
 良い遺伝子の提供者、という言葉から常識的に思い浮かぶのは頭脳や運動神経の優れた人物だろうが、それは違う。ここでも常識に大いに反しているのだ。女の本能が求めているのは、大学受験に代表されるペーパーテストの偏差値を上げるための記憶力や計算力のような資質でもなければ、スポーツ選手になるための運動能力でもない。このメルマガの読者はエリート層が多いのだが、残念ながら女が求める"Good Genes"は、そういう社会的な尺度での優秀さではないのだ。無論、頭がいいことや、運動神経がいいことは、それなりにプラスにはなるだろうが。
 "Good Genes"とは一言でいえば、ヤリチンの息子を産むためのポテンシャルである。女は生涯に産み育てることができる子供の数が限られているため、自分の遺伝子のコピーを自分ではばら撒けない。だから、息子を通してばら撒こうとするのだ。
 そうやって考えると、なぜ女を騙す能力に長けた調子のいい誠実なヤリチンに女たちがあれほど引かれるのかが明らかだろう。生理学的にも、女は真面目なエリートの男よりも、社会的には最低辺の強姦魔の精子のほうを優遇している。

『週刊金融日記 第13号 女の生理周期と浮気の関係』
『週刊金融日記 第34号 柔道金メダリスト内柴正人被告とリスク管理』
『週刊金融日記 第38号 レイプの方が妊娠しやすいことに関して元医学研究者の方からの見解』

この続きをみるには

この続き:20,442文字/画像2枚
記事を購入する

週刊金融日記 第149号 男女の本能を理解する簡易モデルと恋愛工学のビジネスへの応用、ギリシャ問題、広尾の老舗フレンチ、結婚という宗教を考える、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。