見出し画像

地元バンドが立ち上げた無料の音楽フェス「SHIOSAI ROCK FESTIVAL」まとめnote

SHIOSAI ROCK FESTIVAL(しおさいロックフェスティバル)とは
うどん県(香川県)で活動する
地元バンドが立ち上げた無料の音楽フェスです。

潮騒ロックフェスの愛称で
昨年2019年に産声を上げました。

開催資金はクラウドファンディングで支援を募り
2年連続で目標額を超えて達成しています。

1.日程

5月中旬の日曜日に開催されます。

2.会場

高松市立中央公園の芝生広場。

3.交通手段

電車(JR高松駅)で来た場合は
➆番のりばからことでんバスに乗り換えて
「県庁通り中央公園前」を降りて直ぐ。

自家用車で来た場合は
高松市立中央公園の地下に駐車場があります。
収容台数は321台。

4.チケット

チケットはありません。
観戦は無料です!

ただし開催資金を調達するために
クラウドファンディングを実施しているので
支援して頂けると息の長いイベントになると思います。
リターン目当てでも全然OKです。

5.出演アーティスト

このフェスを立ち上げた地元3バンドを中心に
全国区のバンド6組と
四国で活動するバンドが多数出演します。

※立ち上げメンバーであったSHAKILAMO!は
2020年に潮騒ロックから外れています。

<主催の香川県3バンド>
VIVASNUT(ビバスナット)
THE MAYTH(メイス)
古墳シスターズ(こふんシスターズ)
<2019年出演の全国区バンド>
・絶叫する60度(ぜっきょうするろくじゅうど)
・Amelie(アメリ)
・MINAMI NiNE(ミナミ ナイン)
・Brian the Sun(ブライアン ザ サン)
・SABOTEN(サボテン)
・セックスマシーン!!
<2020年出演の全国区バンド(※開催中止)>
・天体3349(てんたいみみずく)
・THE TOMBOYS(ザ トムボウイズ)
・CRAZY VODKA TONIC(クレイジー ウォッカ トニック)
・THEラブ人間(ザラブにんげん)
・BUZZ THE BEARS(バズ ザ ベアーズ)
・セックスマシーン!!

6.ステージ

ステージは2ステージです。

・RED Stage(レッドステージ)
・Blue Stage(ブルーステージ)

6-1.RED Stage

画像1

メインステージのRED Stageです。
ステージが高いため後ろからでもばっちり見えます。

6-2.Blue Stage

画像2

2ndステージのBlue Stageです。
ステージは小さいですが
ライブハウスさながらの距離感で盛り上がれます。

7.物販

オフィシャルグッズの他に
各アーティストの物販ブースが用意されています。
ライブ終わりにアーティスト本人が立つこもあるので
要チェックです。

8.フェス飯

定番のうどん屋からクレープ屋まで揃っています。
また足つぼやセレクトショップに
イラストレーターのライブイベントなど
フェス飯以外のブースもありました(2019年実績)

9.あとがき

「地元香川をもっと面白く!」という熱い想いから
立ち上げられたライブイベントです。

うどん県には3月にサヌキロック(春フェス)
8月にモンバス(夏フェス)がありますが
地元バンドが出れる機会は実は少ないんです。

そんな中、地元3バンドが発起人となり
商店街で無料ライブを行ったり
香川県アーティストのV.A(ヴァリアス アーティスツ)の
オムニバスCDを出したり
クラウドファンディングを実施したりと
様々な人を巻き込みながら
その輪は着実に拡がっています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
٩(ˊᗜˋ*)و
2
うどん県の音楽イベント、ライブハウス好きのnoteです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。