小渕花梨

生きることに切実な人の遺書

祈りとしての沈黙

あなたは、自分には人権があるということをどのくらい実感のあるものとして知っていますか。 おそらく、多くの人が人権について真剣に考えたことがないし、それはあなたの…

誕生日

8月になった。もうすぐ25歳になる。可能なら一歳でも若くなりたいと思うのは、もっと“ちゃんと”年を取りたかったからだ。20歳の頃にイメージしていた25歳って、仕事に慣…

セックスワーク従事は自由意志か

はじめに、タイトルについてまず結論をいえば、自由意志であることもあれば、自由意志とはいえないこともあります。(ここでは自分の意志が自分の自由になることがあると仮…

私のルッキズムへの理解がいかに貧相であるか

ルッキズムがなんなのかわからない。 ルッキズムには反対したい。容姿による差別なんておかしいに決まっている。しかし、ルッキズムについて考えていると、何が容姿による…

眠りについての考察(暇なので)

眠れないときはたいてい、気分がたかぶっているものだと思っていた。今日はとてもおだやかにまぶたが重いので、今から眠るものだと思ったのだけど違っていたみたいだ。 眠…

カワイイの呪い

welongに寄稿した第二回目の記事で、男性としてのジェンダーロールが「出生時に男性と判断されただけ」で押し付けられ、男性(厳密には男性でない人を含む)を苦しめている…