見出し画像

【マル秘】電子書籍・漫画アフィリエイト完全攻略本【稼ぎ方・戦略を解説】

かずき

※限定10部の販売です!!
※価格を9,800円→14,980円に変更(11/6)
→先に購入した人が得になるような仕組みです。
→次回は19,800円の販売となりますのでお早めに。

無料部分を読むだけでもかなり勉強になるかと思いますので、どうぞご覧ください。

と、その前にちょっとだけ自己紹介。

・某自動車部品メーカー勤務
・2019年10月アフィリエイト開始
・2021年7月から月収20万以上を継続中
・電子書籍アフィリエイト最高月収60万 

とくべつ優秀な人間ではないのですが、アフィリエイトだけで食べていけるだけの収入を得ることができるようになりました。

月20万以上あれば劇的に生活を変えることができるので、やはりアフィリエイトは最高のビジネスだなと思います。

※2022年7月に収益100万円達成!!
※2022年8月には自信最高159万円を達成しました!!

 

さて、本noteでは電子書籍アフィリエイト完全攻略本ということで、実際に私が電子書籍アフィリエイトで月20万円以上の収入を得ている方法を、具体的に解説していこうと思います。

また、本noteは有料となっていますが、冒頭でも書いている通り、無料部分でもかなり勉強になるかと思いますので、稼ぎたいなら無料部分だけでも読むことをおすすめします。

 

ちなみに本noteの価格は14,980円としていますが、理由は「競合を増やしたくない」からです。(※私の収入が減る可能性があるので、、、)

今後、noteの売れ行きによっては値段を上げていきますので、安く買える今のうちにお手元に収めておくことをおすすめします。


電子書籍アフィリエイトが稼げる理由

まず最初に、「そもそも電子書籍アフィリエイトって稼げるの?」といった疑問にお答えしておきたいのですが、結論を言うと他のジャンルに比べてはるかに稼ぎやすいジャンルです。

これはあの有名ASP「Link-A」の中の人も言っていました。

実際に電子書籍アフィリエイトで月20万円以上を1年以上継続している私も、まったく同じ意見です。

具体的にどう稼ぎやすいのかと言うと、そもそもアフィリエイトで稼ぐためには下記4つの要素が大事で、電子書籍ジャンルはすべて満たしています。

①需要がある
②競合が少ない
③案件数が多い
④高単価案件がある

一応、上記はアフィリエイトを頑張ろうと考えている人からすると、割と常識的な話かもしれませんが、知らない人のために少し説明します。

 

①需要がある

まず「需要がある」ですが、需要がなければ誰も検索しません。

例えば、今はスマホが普及している時代で、誰もがスマホを持っています。そんな中、ガラケーに需要はあると思いますか?当然ないですよね。

なので、「需要があるジャンル」は稼ぐために必要な、最初の壁と言うわけなのです。

そこで電子書籍ジャンルはどうなのかと言うと、需要はかなりあります。

電車やバスで通勤中のサラリーマンや学生が、スマホで本・漫画を読んでいる光景を見かけたことはありませんか?

 

実際に、本noteを読んでいるあなたも、スマホで漫画を読んだことがあるのではないでしょうか?

デジタル化が進んでいる影響で、電子書籍ジャンルはかなり伸びてきているのです。

「電子書籍ビジネス調査報告書2020」より

電子書籍ジャンルに需要があることは感覚的にも分かるかと思いますが、これは数字でも明らかになっています。

アフリエイトで稼ぐための「①需要がある」は、電子書籍ジャンルが今まさにピッタリなのです。

 

②競合が少ない

次に「競合が少ない」ですが、当然ライバルが少なければ少ないほど稼ぎやすいのは当然のこと。競う相手が少ないのですから。

しかし、現在は企業サイトが数多く参入してきているせいで、個人でアフィリエイトで戦うのはかなり難しく、副業難易度は体感的にかなり高いと感じています。

 

とはいえ、スキルがなくてもできる副業と言えば現状はかなり少なく、ほとんどの人は「アフィリエイトをやりたい」ではなく、「アフィリエイトぐらいしかできそうなのがない」と考えて頑張っているのではないでしょうか。

ちなみに私は「アフィリエイトぐらいしかできない」と考えて現在も活動しています。プログラミングなどのスキルがないので。。。

 

さて、話が少し脱線したので元に戻すと、競合が少ないジャンルで戦うべきという話ですが、ほとんどの稼ぎやすいジャンルは競合まみれです。それは電子書籍ジャンルも同じ。

しかし、電子書籍ジャンルはまだまだ穴場ジャンルなので、他のジャンルと比べるとはるかに競合が少なく、稼ぎやすいのです。

 

③案件数が多い

これは有名アフィリエイターも言っていることなので、聞いたことがあるかもしれませんが、案件数は多いほど稼ぎやすいです。

というより、案件数は稼ぎやすさよりも安定感・リスクヘッジと言った方がいいかもしれません。

 

というのも、案件が少ないと、案件停止で大打撃を受ける可能性があるので。なので案件数は多いほうが良いのですが、具体的に案件はいくつあればいいのかと言うと、体感的には10近くは欲しいです。

 

これだけあれば案件停止でも打撃を受けることは少ないですし、安心感が違います。(※個人的な感想です)

では電子書籍ジャンルはどうなのかと言うと、2022年11月時点で私が使っている案件は合計13個です。

 

これは私が扱っている案件数なので、他にも扱おうと思えば、さらに10個以上は増やせるでしょう。

これだけあれば案件停止は正直怖くないので、電子書籍ジャンルは安心・安全に運営していくことができます

 

④高単価案件がある

低単価の案件でも稼ぐことはできるのですが、高単価であればあるほど得られる金額が大きくなるのは当然のこと。

例えば、こちらのジャグラーの極意は私が運営するギャンブルブログですが、月5万PVで収益が3万円ほどです。

これだけのPV数があるのに収益がほとんど上がっていないのは、案件数が少ないこともそうですが、それ以上に単価が最大で1500円と低いからです。

では電子書籍ジャンルはどうなのかと言うと、私が扱う案件の報酬をまとめると、下記の通りとなります。(※1,000円以下は割愛します)

A:4,675円
B:3,740円
C:3,410円
D:1,400円
E:1,120円

 条件も「本の購入」など、比較的緩いです。単価も高いものが多いので、電子書籍ジャンルは稼ぎやすいと言えるんですよね。

 

以上、アフィリエイトで稼ぐための4つの要素でした。

もう一度まとめます。

①需要がある
②競合が少ない
③案件数が多い
④高単価案件がある

アフリエイトで稼ぐための要素は全て網羅しているので、電子書籍ジャンルは人気が出てきているんですよね。(まだ大手ジャンルとは言えない)

 

電子書籍アフィリエイトの稼ぎ方

電子書籍アフィリエイトが稼ぎやすいということは先の項で分かったかと思いますが、実際にどうやって稼ぐのか?

基本パターンは下記の3つとなります。

①電子書籍特化ブログを作る
②漫画ネタバレブログを作る
③無料漫画訴求ブログを作る

 それぞれ深堀していきます。


①電子書籍特化ブログを作る

電子書籍特化ブログでは、主に電子書籍ストアの口コミ・評判や比較記事などを網羅していき、最後にまとめ記事を作るといったやり方です。

ザックリ記事構成は下記の通りとなります。

①電子書籍ストア+口コミ・評判で記事を書く
②電子書籍Aと電子書籍Bで比較記事を書く
③電子書籍ストアのおすすめランキング記事を書く
④ジャンル別おすすめ電子書籍ストア記事を書く
⑤電子書籍の初心者向け情報を網羅した記事群を作る

ただ、残念なことに、こんなサイト設計は誰でも思いつきますし、すでに検索上位は企業や競合個人ブロガーに占拠されています。

2021年くらいなら十分戦えたのですが、今はきついです。

 

現に私も苦戦しており、2022年6月時点では「DMMブックス 評判」の検索ワードでは1~3位あたりにいますが、例えば「Renta 評判」では検索1ページ目もかなりきつい状況です。

ちなみに私が運営する電子書籍ブログは運営歴3年ほどで、下記の通りドメインパワーもかなり高く、このレベルのパワーを持っているサイトでもしんどい状況です。

何が言いたいかと言うと、ゼロから電子書籍アフィリエイトで稼ぎたいのであれば、王道の電子書籍特化ブログでは勝てないということ。

さすがに上位が強すぎます。

 

②漫画ネタバレブログを作る

次に稼ぐ方法として挙げられるのが、漫画のネタバレ記事を量産して、最後に「続きはこちらから」と言ったように訴求していく方法です。

これも有名な方法で、実はほとんど企業サイトが参入してきていません。

サイトの設計上、私が参入できないジャンルなので、特別にキーワードを下記にまとめておきます。

・作品名 何巻 ネタバレ
・作品名 最終回
・作品名 結末
・作品名 順番

作品名は基本的に漫画になりますが、ご存じの通り漫画の数は多いですし、今後もあらゆる漫画が登場します。

中には鬼滅の刃のような有名なものもあれば、あまり知られないマイナーな漫画もあるので、「競合ができにくい」というメリットもあります。

 

そして漫画はアニメ化して初めて人気が爆発するので、それまでは競合も準備していないことが多いので、先に仕込んでおくこともできます。

私は乗り遅れましたが、とあるブロガーさんは鬼滅の刃がアニメ化する前に記事を量産し、アニメ化後に一瞬で月100万円を達成したそうです。

 

現在は少し収益は落ち着いているでしょうが、鬼滅の刃は今後、「刀鍛冶の里篇」や「無限城編」などがアニメ化すれば、また爆発するでしょう。

今後、伸びるであろう作品に集中してサイトを作るのもいいですし、既存の作品でサイトを作っていもOKです。

 

ただ、、、残念なお知らせです。

 

この方法でも十分稼ぐことはできるのですが、そこまで期待できるものは得られません。

というのも、単純に考えて欲しいのですが、「作品名 ネタバレ」で検索する人は、その作品を無料で読みたい人ですよね。

 

残念ながら、今世の中にあるサービスで漫画を途中まで無料で読めるものはありますが、全巻無料で読めるものはありません。

故に訴求方法は「安く読むならこちら」や、「3巻まで無料で読むならこちら」と言った方法になるので、検索意図と合わず成約しにくいのです。

 

鬼滅の刃のように上手く時代に乗れる作品があればいいのですが、あのような人気漫画はそうそう登場しません。

競合が少なく参入しやすいとはいえ、あまり期待して参入しないようにしておいたほうがいいです。(月3万円を目標にしている人向け)

 

③無料漫画訴求ブログを作る

最後に稼げる方法は、「作品名 無料」で調べるユーザーをターゲットにしたサイトを作ることです。

先の項でも解説した通り、検索意図と合わずに成約しにくいのですが、これは数の暴力です。

 

「作品目 無料」は、とにかく検索ボリュームが大きいので、成約しにくいとはいえ数の暴力で稼げてしまうのです。

 

しかし、ここでも残念なお知らせが。。。

 

この方法は、企業サイトの得意分野です。圧倒的な資産でライターに記事を量産させ、強ドメインで検索上位を網羅しています。

試しに、鬼滅の刃や進撃の巨人、ワンピースなどの漫画で調べてみるとわかると思います。

 

先ほど、「作品名 ネタバレ」や「作品名 最終回」で企業サイトはいないと言いましたが、そんなところに参入しなくても「作品名 無料」で十分稼げるのでしょう。(うらやましいですね。。。)

ともかく、この方法は個人では絶対勝てないので、諦めてください。

 

以上、電子書籍アフリエイトで稼ぐ基本パターンでした。

もう一度下記にまとめます。

①電子書籍特化ブログを作る
②漫画ネタバレブログを作る
③無料漫画訴求ブログを作る

王道の攻め方なら、2つ目の「漫画ネタバレブログを作る」ですが、とはいえ収益はそこまで多くはなりません。月3万円を狙い、運が良ければ月10万円を狙えるかなと言った感じでしょうか。

それだけ収益があるなら十分!と言う人は、ここで本noteを閉じて、「漫画ネタバレブログ」を今すぐに作りましょう。


月20万円以上を狙いたい人は、続きをどうぞ。

この先の内容は、ここまで以上に濃い内容となっています。

 

さて、ここからは月20万円以上を電子書籍アフィリエイトで狙う方法なのですが、その方法は意外と簡単です。

特別難しいことはしないのですが、この方法で記事を書いている人は、私が知る限りではほとんどいません。

 

故に競合が少なく、稼ぎやすいのですが、さすがにこの内容は無料ではお見せできません。

無料で見せて競合が増えると、私の収益が少なる可能性があるので、ここからは「お金を払っても月20万円を稼ぎたい!」という強い思いがある人にのみ、お見せします。

 

さて、ここからの内容ですが、大きくは下記の5つの内容に分かれます。

✔コンテンツ内容
第1章:月20万円以上狙える穴場キーワードを解説
第2章:月20万円以上狙えるキーワードの記事構成
第3章:扱うべき電子書籍案件と取り扱いASPを公開
第4章:今後の電子書籍アフィで稼ぐための戦略を解説
第5章:本noteの戦略でライバルになるサイトを公開

文字数で言うと、1万文字以上。これでも、できるだけ文字数を減らし、誰でもわかるようにまとめたものです。

ここからの内容をあなたのサイトに落とし込めば、月20万円以上はまったく夢ではありません。電子書籍アフィリエイトで稼ぎたいなら、ライバルが少ないうちに参入すべきですよ。


第1章:月20万円以上狙える穴場キーワードを解説

この続きをみるには

この続き: 11,252文字 / 画像2枚

数量限定で販売中

残り 6 / 10

【マル秘】電子書籍・漫画アフィリエイト完全攻略本【稼ぎ方・戦略を解説】

かずき

14,980円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!