見出し画像

【S12 R1923】ママドヒドグライどりゃぱ

最終日お疲れ様です、カニかカニカマです。今期の構築は見た目と性能がかなり私好みになったので記事に残して置きます。


使用構築

レンタル置いとくので良かったら

結果

TN:ミテミヌフリ
最終882位 最終レート1923

構築経緯

28日まで残飯ビルドの水ラオスを軸にした構築を使っていたが、突如レートが爆散し始めたため、解散。おティーに貰ったママンボウのことを思い出し、おティーが序盤研究していたママグライから組み始めた。Twitterを眺めながらママグライを考えていたら、TLに流れて来たたかやーんさんのドヒドグライが強そうだったため、参考にしてパクリそのまま最終日も潜った。
※参考にさせて頂いた、たかやーん様の構築記事
私の記事よりこっち読んだ方がいい
https://note.com/vast_lion226/n/nc40c8074736d

個体解説

ママンボウ@突撃チョッキ 

H271(244)-A95-B102(12)-C60-D106(+252)-S76

アクアジェット/クイックターン/熱湯/ミラーコート
テラスタイプ:毒
特性:再生力
性格:生意気
H・・・奇数で最大
B・・・端数
D・・・出来るだけ高く
S・・・下からクイックターンを打ちたいため最遅

カメックス産ママンボウ、全ての始まり。この個体を見ていると幸せな気持ちになる。
それはさておき、ガチグマに対して最大限役割が持てるようHD、ミラーコートは読まれるためクイックターンを出来るだけ押すようにしていた。アクアジェットは、ドラパルトが仕留め損なったポケモンを倒し、何とか試合を繋いだ場面が多数存在したため、かなり活きた。テツノツツミに対してはこのポケモンでテラスを切る立ち回りを意識した。熱湯は燃やせば強いものの、ママンボウ自身が不利対面を作るとゲームが終わりかねないため、燃やさないと負けか余裕がある場面以外では打たなかった。BEカミに対してS操作をして、ドラパの一貫を作りやすくする凍える風等に変えた方が良い。

ドヒドイデ@黒いヘドロ

H157(252)-A83-B223(+244)-x-D164(12)-x

自己再生/毒突き/黒い霧/毒々
テラスタイプ:妖
特性:再生力
性格 呑気
H・・・最大
B・・・出来るだけ高く
D・・・端数

普通のHBドヒドイデ。ボックスに居た個体をそのまま流用した。流用個体のためSは「まあまあ」らしいが、最遅の方が良い。テラスタルは悪ラオスにある程度抗えるかつ無難に強いフェアリー。しかし、この構築を組んでから1度もドヒドイデにテラスタルは切らなかったので何でもいいと思う。参考元の構築では毒々の枠はトーチカであったが、カイリューに毒を入れたい場面がそこそこあったので毒々に改悪した、後悔は無い。ドヒドイデのウェポンは無効タイプの無いアクアブレイク一択だと思っていたが、毒突きの使用感はめちゃくちゃ良かった。オーガポンに対して抜群を突けるのは勿論、適当に引いてきたポケモンに対して当てて毒らせればグライオンと併せてそのまま毒殺出来ることもしばしば。テラスを切ってきたサーフゴーに対してもワンチャン毒を入れれるのも大きい。黒い霧は巧みサーフゴー・瞑想カミ・舞カイリューetcに対して遅延を行えるため流石に必須である。
何気に調子いい時はこのポケモンが毎回構築に居る。

グライオン@毒々球

H179(228)-A115-B156(84)-×-D95-S154(+196)

守る/身代わり/毒々/地震
テラスタイプ:妖
特性:ポイズンヒール
性格:陽気
H・・・8n+3
B・・・端数
S・・・準速イーユイ+2

たかやーんさんの調整を参考にしてパクって使っていた。たかやーんさんの記事を見る前はグライオンのテラスタイプをガチグマのハイパーボイスを半減・氷柱落としが半減かつ耐性面が優秀な鋼テラスで使っていた。鋼タイプも勿論良いとは思うが、フェアリーテラスにして、スケイルショットを無効にし悪ラオスをグライオンで見る発想は神過ぎた。メガネイーユイに対して地震が上から通る場面もかなりあり、地震で数多のイーユイを屠った(守るで悪波見てテラス地震も)。このポケモンの毒々は目の前に通らなくても相手が引いてきそうな場面(C-1のサーフゴー)等では積極的に毒々を押すようにしていた。このポケモンで1度嵌めてしまえばそのままTODを成立させ、ゲームを終わりにする性能はかなり凶悪だと感じた。初手イーユイが来そうな構築に対しては積極的的にこのポケモンを初手に投げた。
グライオンは剣盾時代から憧れがあったため、来た段階で早々に使い始めていた。だが、このポケモンに何度も5桁の底へ導かれたため正直弱いと思っていた。しかし、たかやーんさんの構築を参考にしてから凄まじい活躍を見せてくれたため、私の考えが如何に浅はかであったか痛感した。

ドラパルト@拘り眼鏡

H163-A126-B95-C152(252)-D101(44)-S207(+212)

流星群/シャドーボール/竜の波動/蜻蛉返り
テラスタイプ:龍
特性:すり抜け
性格:臆病
C・・・最大
D・・・臆病テツノツツミのフリーズドライを出来るだけ耐えるように
S・・・最速ツツミ抜き

眼鏡ドラゴンテラス流星群でイーユイ、オーガポン、カバ、ランド、アカツキ、etcを無限に狩れると書いてあったが、本当だった。
ドヒドグライママンが相手の身代わりに対して為す術なく負けることが多いのですり抜けと言う特性はかなり構築と合っていた。出来るだけこのポケモンが動ける回数を増やすことを意識すると良かった。ガチグマと対面した場合はチョッキだと眼鏡ドラゴンテラス流星群が耐えられるので、蜻蛉→ママンクイタン→眼鏡ドラゴンテラス流星群、と動いていた。だが、クレセリア等明らかなトリル要員と組んでいる場合は火力アップアイテム持ちが殆どだと思っているので、いきなり眼鏡ドラゴンテラス流星群を放っていた(少し危うい立ち回りだが結果的に良かったと思う)。また、ドヒドと組んでいるガチグマは欠伸の残飯or回復木の実だと思っているため同様に眼鏡ドラゴンテラス流星群を放っていた。このポケモンで数的有利を取ると一気に勝ちが近づくため、出来るだけテラスタルはドラパルトに使うようにしていた。相手がBEを消費しそのポケモンを下げた場合、ドラパルトでの一貫が取りやすくなるため、ドヒドグライママンで他のポケモンを削りつつドラパルトを通す動きで急所すらもケアすることが可能になり神すぎた。本当に強かったが、流星群を外すのが玉に瑕。

ヘイラッシャ@食べ残し

H257(252)-A108-B178(+212)-x-D85-S61(44)

地割れ/雪雪崩/守る/眠る
テラスタイプ:妖
特性:天然
性格:腕白
H・・・最大
B・・・出来るだけ高く
S・・・キョジ意識で高くしていた、Bに回して良い

ボックスに居た流用個体。1回も選出していないため、特にコメントすることは無いが、たかやーんさんの記事にもあった襷パオへの選出抑制はかなり出来ていたように感じる。
NNがWorldなのだが、これは地割れ→土を割る→割る土→Worldで六奇怪の四のパクリである。

ランドロス霊@拘りスカーフ

H173(68)-A209(+106)-B111(4)-x-D102(12)-140(228)

地割れ/地震/蜻蛉返り/テラバースト
テラスタイプ:飛行
特性:威嚇
性格:意地っ張り

ボックスに居た調整意図不明の流用個体。1回も選出していない。地割れを入れると受け構築が崩せるかと思い入れたが、受け構築とも当たらなかった。要検討枠かもしれない。

キツかったポケモン

アマガ+イーユイ、こちらのポケモンの通りが悪く渋かった。
テツノツツミ、守る+火力アップアイテムのあるガチグマ、襷パオ、鉢巻礫押してくるパオ、襷キノガッサ、岩オーガポンetc

選出

基本選出 初手ドラパ+ドヒド+グライ
イーユイが初手に来そうな場合はグライから

赫月ガチグマorツツミ入り
初手ドラパルト+ママン+ドヒドorグライ

受け回しが出来そうな場合
ドヒド+グライ+ママン(特に初手に決まりは無い)

受け構築
ランドロス@2の予定だった

他に再戦で鉢巻轟く月が分かっている場合ラッシャを投げようと思っていたが、再戦は無かった。

後語り

今期は中間テストもあり満足に時間を確保出来なかったが、かなり楽しむ事が出来た。また、今までは最終3桁圏内に入ったら止めるという意味不明なことをしていたが、今期はサブロムと併せてかなり挑戦し続けることが出来て成長を感じた。構築にかなり勢いがあったため、運が悪く無ければ20も行けるのではないかと思ったが195すら踏むことが出来ず己の弱さを痛感した。年末年始は忙しくなる可能性もあるため、また1月から頑張りたい。
もっと強くなるぞーーー!!!

Special Thanks

構築記事の掲載許可を下さった、たかやーんさん
回線弱者を脱却しそうなハリモグラさん
ママンボウくれたおティーさん
無限にレギュAをしているクレイさん
ポケモンサークルの皆様





この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?