マツノヤ人文学研究所アネックス

21世紀最後の文人にして人文学研究者ここに眠る https://matsunoya.hatenablog.jp/ 独断と臆見の時評と人文学研究 https://www.pixiv.net/users/40414154 KopyKat(コピイキャット)名義の風刺画や漫画
    • ほぼ廃刊ブレインストーミング
      ほぼ廃刊ブレインストーミング
      • 1本

      アタマの中にある創作アイデアを吐き出すマガジン。協力者募集中です。

    • ほぼ廃刊言うだけ番長
      ほぼ廃刊言うだけ番長
      • 1本

      こんな社会が到来するのではないかという提言。研究所本館(matsunoya.hatenablog.jp)の記事の再編集です。

    • ほぼ廃刊研究日誌
      ほぼ廃刊研究日誌
      • 1本

      本館(matsunoya.hatenablog.jp)の研究記事の再編集を載せます。古代・中世のユーラシア全土の人文学的文化が、陸続きや海伝いにどのように共有され、また分岐していったかの考察。近代の社会構造、学問体系の大幅な省察を含みます。

お悩み相談室

 室長が悩みをぶつけるお悩み相談室があってもいいじゃないか。  雨が続き陰鬱、しかもイネ科の花粉やハウスダストで身体じゅうが痒く、しかも今まで平気だった豆乳やア…

あなたは『蚊學』を経験したか

Pixivで毎週掲載している風刺画、『蚊學』の宣伝です。既刊10号の節目として。 10号 皆さんお馴染み、見ざる言わざる聞かざるの三猿に政府の2枚のマスクを配布してみまし…

物語、隠喩、精神

本館に掲載した小論を同時掲載してみます。  「賢さ」にはまったく異なる二つの概念が内在する。事物に関する知識の豊富さを単に量る「賢さ」と、その知識がどれだけの事…

最近の音楽

 ほんとははてなブログのほうの研究所も硬軟織り交ぜた感じにしたかったのですが、あっちは硬い文章、こっちにはパンクな記事を(原則的に)載せることにしました。まずは…

自己紹介

 はじめまして、松屋と申します。文人研究者を自称し、雅号として「汗牛」「面毒斎」「晦鬼園」「三才児」等々を名乗っております。  正確に言えば文人というより、「蚊…