見出し画像

10年10万kmストーリー 第21回 丈夫で、スポーティなクルマです ベントレー・コンチネンタル(1989年型) 16年3万5000km

 昨年末、横浜赤レンガ広場の横を通ったら、ロールスロイスとベントレーがたくさん集まっているのが見えた。
 自分のクルマを駐車場に停め、広場に行ってみた。囲いもゲートもなく、僕のような通り掛かりの者でも誰でもが観ることができるオープンな集まりだった。
 最新型のベントレー・ベンテイガから、古くは戦前のモデルが何台も、40台近く集まっているようだった。訊けば、ロールスロイス・ベントレーオーナーズクラブの集まりだった。
 端から見せてもらったが、僕の好みは、1950年代の白いベントレー・Sタイプコンチネンタル・クーペと、1980年代の同じくベントレー・コンチネンタルの2台だった。
 偶然にも、どちらも同じ“コンチネンタル”という名前が付けられているけれども、年代からもわかる通り、別のクルマだ。白いのは2ドアのフィクストヘッドクーペ。なだらかに傾斜していくファストバックスタイルがスポーティでカジュアルな印象を与えている。
 もう一台のコンチネンタルは、シルバーシャドウ系の4ドアボディを元にした2ドアドロップヘッドサルーンだ。
 これがまたカッコ良い仕立てだった。シルバーのボディにネイビーブルーのトップ、中を覗き込むとシートも同じネイビーブルーの革が張られていた。


 お洒落なのは、ボディサイドを走っている2本の極細のストライプまで、よく見るとネイビーブルーなのである。
 シルバーとネイビーブルーでコーディネイトしている。こんなにスタイリッシュなベントレーを見たことがない。
 斜め向かいに停まっていた白いコンチネンタルより、というよりこの日集まっていたすべてのロールスロイスとベントレーの中で最も魅力的だった。
 その場を立ち去り難く、何周もクルマの周りを回って眺め回していたら、持ち主の男性がやって来て、ドアを開けて乗り込んだ。
 少し待って降りて来たところを話し掛けてみた。


この続きをみるには

この続き: 3,391文字 / 画像5枚
記事を購入する

10年10万kmストーリー 第21回 丈夫で、スポーティなクルマです ベントレー・コンチネンタル(1989年型) 16年3万5000km

金子浩久書店

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お知り合いをご紹介下さい!
1
「10年10万キロストーリー」「ユーラシア横断1万5000キロ」のキロキロ・モータリングライター金子浩久の投稿を平置き。

こちらでもピックアップされています

10年10万kmストーリー
10年10万kmストーリー
  • ¥300 / 月
  • 初月無料

一台のクルマに長く乗り続ける人々のルポルタージュ。自動車ライター金子浩久が全国に出掛け、クルマ好きの喜怒哀楽を共有する。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。