見出し画像

#不思議な動物園 展示について

今まで合同展示などでは参加してきましたが、
東京にきて始めて個展に近い展示をします。
もうすぐ開催が近づいてきましたので
それまでのストーリーを少しお知らせできたらと思います。

●ギャラリーハウスMAYA ブラッシュアップ講座について
今回の展示はギャラリーハウスMAYAさんのブラッシュアップ講座の最後の授業の一つとなっております。
このブラッシュアップ講座は半年間で二組のデザイナーさんに絵を見てもらい、客観的に自分の作品と向き合う講座です。もう既に今年の第6回が始まっておりますが、私はその前年の第5回を受講しました。
受講にはまず応募があり、その中で審査があって12名が決定します。私は仕事はコンスタントにいただけており、その面では自分の力で邁進するしかないと思っていました。ですがいざ展示、さらには今後の活動として通常のテイストに少し限界を感じていて、もう少し真面目な自分のイラストに何か付け加える事はできないかと模索していたので、ぜひ受講したいとブラッシュアップ講座に応募しました。選ばれた通知はとても嬉しかったです!

受講は一ヶ月に一度でデザイナーの大島依提亜さんが3回、ブックデザイン会社であるアルビレオの西村真紀子さんと草苅睦子さんの講座が3回でした。課題を出してもらい、作品を作って講評してもらいます。どちらの講師の方もどうしたらよくなっていくか?を真剣に講評していただき、とても実りある会でした。もし興味のある方がいるようでしたら、もう少し詳しく別記事で書いてみようかと思います。

受講作品の一部

画像2



●展示について
6回の講座も終わり、最後はMAYAでの展示となりました。
色々と悩んでいたのですが、講座の最後に描いた猫の作品が自分的によかったなと思って、その方向で行こうと決めました。
また、自分としてはアナログで絵の幅を広げたいと思っていましたが、個人的に描いていた「季節の紋章」が講師の方からもチラッと口に出してもらえるような感じで、結構印象に残っているのだなと考えました。そしてiPadで対照の絵を描くのがとても楽しかった自分を素直に出してみよう!と好きな動物を描く事を決めました。

まとめ-01

動物の絵も、ガッツリと抽象化するのではなく、なんとなくその特徴がわかるようなものになっています。また、絵を描くときは印刷物として使いやすい、このサイズに収めるなどを気にして描くことが多いのですが、今回はその辺りを一切考えずに、自分が「楽しい」「面白い」を優先させました。あとは「飾る」も少しだけ意識しました。そういう意味では今までと趣が変わっているのではと思ってます。

今回の展示は「ブラッシュアップ講座」の展示なので、二人で展示をします。ですが、それぞれDMを作っていまして、会場を半分にしての展示となっています。私と一緒の展示されるスズキタカノリさんの「シティスケープシンドローム」も合わせてぜひ宜しくお願いします。

●MAYAブラッシュアップ講座 selection #亀山鶴子  
#不思議な動物園
2020.2.17(月)-22(土)11:30 -19:00(最終日は17:00まで)
【外苑前】ギャラリーハウスMAYA
https://www.gallery-h-maya.com

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かめつる/TsurukoKameyama

ご褒美に美味しいものを買ったり飲んだりしたいと思います。

ありがとうございます〜嬉しいです!
9
亀山鶴子。イラストとグラフィックデザインしてます。大分県産、東京都在住。