『虹のかけら ~もうひとりのジュディ』の感想

札幌公演観に行きました。

感想を書きますがネタバレないと思いますが、嫌な人はみない方が良いかもしれないですね。






始まるくらいになって、客席に三人のちょっと目立つ格好をした方々が歩いていた。

『おいおい…もう始まるっていうか暗転し始めてるのに余裕ありますなぁ!』

そう思っていたら出演者。

バッグミュージック隊の方々でした。

その方達が舞台上に上がり、少したってからまた客席から、今度はすぐわかりました。

戸田恵子さんです。

流石に声ですぐわかりました。

テレビ等で見たままの方でした。

そのまま舞台にたって歌ったりお話をしたり、戸田さんな素敵な方だとよくわかる舞台として作り上げられていました。

三谷幸喜さんの演出だそうですね。

三谷幸喜さんはやはりすごい。エンターテイナーとは何かがよくわかっているんでしょう。

途中、戸田さんが休憩と称して色々回ってきた地域のことだったり、札幌で食べたものの話だったり、休憩として雑談として話しているのにそれもまた引き込まれて。


またそこから舞台の世界に。

舞台の最後のオチは本当に三谷さんのすごさが出ている終わり方。

観客が皆ニコニコしちゃう終わり方。

そう!それ思ってたんだよね!でも戸田さんならあり得るか!って流していた部分が説明されて、皆『あー』と感嘆。

1時間20分の舞台があっという間でした。

ピアノの響きが素敵すぎて鳥肌たった。

他の演奏者の方も楽しそうに演奏されてて、全員がちゃんと舞台に立っている方々。当たり前だけど。

今後見る機会がある方がいたら是非是非、観に行ってみたら良いとおもいます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
演劇。舞台。好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。