のべ かん【延勘】

画像1

のべ かん【延勘】

支払い条件のひとつ。仕入れから支払いまでが通常より長い条件のこと。一般的に三ヶ月が多く、そのために「さん のべ【三延べ】」と呼ばれることもある。

出版社営業は仕掛け販売(→しかけはんばい【仕掛け販売】参照のこと)の提案時に仕入れ条件としてチラつかせる。
 また書店は期間の定められたフェアなどの発注時に【延勘】をおねだりすることがある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
書店員。たまにライターとかイラストレーター。読書は外文、映画は洋画、釣りは洋式毛鉤の海外かぶれ。ウェブマガジン『あさひてらす』にて小説《16の書店主たちのはなし》連載中。『偉人たちの温泉通信簿』挿画、『下戸の夜』(本の雑誌社)『夢の本屋ガイド』(朝日出版)などに寄稿。 栃木県出身
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。