見出し画像

奈良市のコロナについての現状

みなさまこんにちは。
柿本です(^o^)

明日から、東京、大阪、兵庫、京都では緊急事態宣言が出されるようですね。(4/25〜5/11)

奈良でも感染者は増えてきており、みなさまの不安の声もよく届きます。

僕のコロナ禍に対する考え方は、各個人が十分な感染対策をしながら普段通りの日常を送るのがベター。

コロナ禍でも毎日を楽しめる生活スタイルを確立する努力が求められていると思います。

ただし、感染が不安な人は外出を避けるなど、それぞれの判断で自衛されるのも当然です。

1番よくないのは、自分の価値基準を他人に押し付けて、見張り合ったり攻撃すること。

これをよかれと思って無意識にやってしまっている人は、少しパニックに陥ってる可能性があります。

ただ、みなさまの生活に制限が必要な局面というのも当然あって、それを判断するために行政の長がいます。

非常事態宣言下の4府県は正にその状態です。

さて、今日は奈良市のみなさまにとっての現状を、テレビのニュースレベルですがまとめておきます。

よく聞く声に、奈良県知事への不信感があり、お気持ちはよくわかります。

それでも、例えば各市議がそれぞれの判断で勝手な発信をするのは、余計な混乱をきたし、泥沼だと思うので、できるだけ客観的に発信します。

まず、奈良市長は5/5まで、「奈良市緊急警戒警報」を発出しています。

画像1

奈良市のみなさんは、
①大阪への不要不急の往来を控えましょう。
②感染防止対策がされていない店の利用は控えましょう。
③食事中を含め、会話をするときはマスクしましょう。

ということ、ご協力いただければと思います。

①について、大阪への差別ではないかと言う声も聞かれますが、現状を見ると妥当な措置だと柿本は考えます。

大阪ではコロナにかかっていると発覚している人が、1万2000人、入院できずに生活しているなど、医療崩壊が深刻です。

同じように過ごしても、大阪と奈良とでは危険度が段違いというのは間違いありません。

お仕事でやむを得ない場合も、その客観的事実を忘れずに、警戒を怠らないように対策しましょう!

また、ただいま奈良市長から県知事にあてて「奈良県も緊急事態宣言を発出するよう国に要請して下さい」という要望書が出されました。

画像2

こちらは見守る他なく、奈良県に緊急事態宣言が出された際には、みなさまにも更なる協力をお願いすることになります。

また、そうならなくても、奈良県も油断できる状況でないことはお知りおき下さい。

ワクチン接種について。

75歳以上の高齢者に、接種クーポン券が発送されています。

ワクチン接種の予約開始は5月6日(木)9時からです!

画像3

今はまだ受付していませんので、ご注意下さい。

また、予約をする際には、それぞれご希望の接種会場を決めてからお電話していただけますとスムーズだと思いますので、ご協力よろしくお願いします。

みなさま、コロナの感染予防も大切ですが、不安になるあまり塞ぎ込んだりしないよう、心も体も健康を心がけてすごしましょう!

最後にくり返しになりますが、今、奈良市民に求められている協力は、各自の感染対策に加えて以下の3点です。

不十分だと思ってそれ以上の対策を実践されている人も、それを人に押し付けないように、まずは求められていることが完全に守られるように努力しましょう!

①大阪への不要不急の往来を控えましょう。
②感染防止対策がされていない店の利用は控えましょう。
③食事中を含め、会話をするときはマスクしましょう。

最後に最近のパパご飯(^o^)

画像4

・玄米のカニ玉丼
・鶏肉とジャガイモを煮込んで敢えて潰した料理
・アスパラのおひたし

です( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
奈良市議会議員の柿本元気といいます。市政について報告するための文章をnoteに綴ることにしました(o^^o)