見出し画像

牡蠣の視察【余市牡蠣】

二年前は牡蠣養殖事業の撤退を決めていたが、近代養殖技術と概念を取り入れ量産に転じ、今では組合と漁業者、地域が一つになった私が目指す理想的な産地。

北陸系カルチをばらしオーストラリア式バスケットで育てた二年牡蠣(生後三年)。カルチタイプは、2019・20・21のみの予定で、海洋調査と技術の確立を目指してます。

牡蠣の作業目標は進捗120%、完成度は40%ほどと言ったところだが、他の一般流通している牡蠣と比べるとレベルの高さを感じるはず。

来期に向け、今年は北海道初の種を導入し二年後にはAAAクラスの牡蠣を世に送り出す計画で、ゆくゆくはワイン、ウイスキー、地元食材、地元シェフなどイベント企画していきます。

牡蠣活動家がプロデュースする余市牡蠣の中から、今期は市場に流通しない余市牡蠣プロトをお届致します。

ここ余市牡蠣物語の証人として皆さんもサポーターに参加しませんか?

サポータの役割は牡蠣の変化をモニターする。
これから始まる二年越の余市牡蠣物語の証人になる。
余市牡蠣イベントを一緒に創る。

今回は購入とアンケート、SNS投稿が可能な方!
是非宜しくお願い致します!
締め切りは2020年6月22日まで。

≪≪ ご応募はこちらから ≫≫

第二期2020年は規定数に達した為、受付を終了いたしました。
次回は2021年6月頃を予定しております。noteで速報お伝え致しますのでフォロー頂けると幸いです。

今回の余市視察

今回は、昨年に続き2回目のテスト出荷に向けた選別(グレーディング)を行います。

2年前牡蠣養殖事業をやめる原因にもなった選別作業。
カルチから外して洗浄する作業がとても非効率で重労働。これを現実続けられるのは新規参入には厳しいのが現状。

画像1

殻には泥や付着物がたくさんついてます。
この状態でロープから外し一個一個ばらして洗浄していきますが、途中で牡蠣が割れたり、ゴミがたくさん出たりと重労働です。

これを一気に解決できる方法を提案致しました。

----ここからは産地・活動にご支援お願い致します----

この続きをみるには

この続き: 1,304文字 / 画像10枚

牡蠣の視察【余市牡蠣】

牡蠣活動家

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
牡蠣を観れば関わる人の顔が見えてくる。生産者、提供者、消費者を牡蠣を媒体に”かき混ぜる”活動を行ってます。 活動家公式サイト:https://www.great-oyster.net/