見出し画像

ARの本質的な4つの意義

ARサービスを作る中で、AR技術を使う必然性があるサービスになるようにARの本質的な価値は何かを先にしっかりと理解しておく必要ある。

現時点での自分の整理としては、以下の4つがARの本質的な意義だと思っている。

Everything is Screen

スクリーン制約からの開放、全てがスクリーンに。

今までスマホやPCなどの四角い小さな窓に閉ざされていたスクリーンが無限の広がりとレスポンシブ性を持つ。

ユーザーは好きなだけウィンドウやアプリケーションを空間に表示することができる。

かつ壁にテレビ的にウィンドウを表示したり、床にオブジェとして3Dデータを配置しておくことができる。

世界のスクリーン化。

画像1


Query as a Context

視覚・音声情報・位置情報などの自分の環境や行動などのコンテキストをインプットとして情報を引き出せるようになる。

例えば、カフェで様々な種類の豆の中から気になったものを注視するとその豆の産地やレビューを出してくれたり、友達と「おなか空いたね」と会話をすれば近くのレストラン情報を視界の隅に出してくれたり、伊勢神宮の域内に入ったら神話と絡めた造形物の解説や、式年遷宮のユニークさについて解説してくれたりといったことが可能になる。

今までは検索ワードを入力し、それをクエリとして検索していた行為が、ユーザーのコンテキストをマシン側と共有することでそのコンテキスト自体をクエリとして情報を引っ張ってくることができるようになる。

Feelable Information

情報の三次元化、手触り感の獲得。

今までの情報は触ることはできず、かつ多くの場合において平面的に次元を劣化させて処理されてきた。

AR時代には、情報は本来あるべき高次元なものとして提示され、ユーザーは情報の触覚や匂いを感じながら操作可能になる。

Recordable Experience

ARグラス普及の最大のインパクトの一つは、人類の目元にカメラが大量に着くこと。

その結果、主観的な体験の常時記録が可能になり、記憶や体験というものを生感を持ったものとして保存して消費するようになる。

「ブラックミラー」の「人生の軌跡のすべて」のような痴話話はありふれたものとなるだろう。

画像2

おわり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サービスデザイン・グロース・ARについて考えをTwitterで日々発信しています。是非フォローお願いします! 👉 https://twitter.com/kajikent

😆😆😆
56
MESON, inc. CEO. AR時代のユースケースとUXを作る会社の代表。著書「いちばんやさしいグロースハックの教本」 Twitterで日々の学びを発信してます。 https://twitter.com/kajikent

この記事が入っているマガジン

MESON XR MAGAZINE
MESON XR MAGAZINE
  • 123本

株式会社MESONのメンバーが交代しながら、毎週自分たちが仕事をしていく中で集まったVR/AR界隈に関する知見をブログとして公開していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。