業界未経験の私がWebデザイナーの内定をもらうまで①

初めまして!!ご覧頂きありがとうございます。Kahoです。簡単に自己紹介させて頂きます。

20代半ば、趣味は筋トレ/美容院/セルフネイル/お酒などなど・・・です。全くの異業種からWebデザイナーへ転向しました。

画像1

このnoteでは、

①私がWeb業界を目指すようになったきっかけ

②内定をもらうまでにしたこと、気をつけた方がいいこと

を書いていこうと思います。日記みたいなものなので、気軽に読んで頂けたら嬉しいです。

今回は①です。


私がWeb業界を目指すようになったきっかけ

前職は、簡単に言うと職人でした。中学生の頃から憧れて、専門学校に入り就職、そして夢を叶えることが出来ました。しかし入社して約5年。ふと気づいたことがあります。

私、成長意欲がない・・・・!!!

あくまでその仕事は「職業への憧れ」であり、「その先のお客様を喜ばせる手段」ではないことに気がついてしまったのです。

勿論、お客様に喜んで貰うことが最大の喜びでした。たくさん頼って頂けましたし、辞める時には泣いてくれるようなお客様もいて、私は本当に幸せ者だったと思います。でも「もっとこういう職人になりたい!」という気持ちがもうありませんでした。
現状維持は衰退の始まり”が人生のテーマの私は、そんな気持ちのままではいてもたってもいられません。若いうちに新しいことに挑戦したい・・・!そこで初めて、転職を真剣に考えました。
(あ、”年齢重ねたら挑戦できない”って意味じゃないですからね。悪しからず)

さて、次は何の職業にするか。色々興味がある中で、資格をとってみたりしましたがピンと来ず・・・
世の中にある職業を調べまくり、結果として全く候補に入ってなかったWebデザイナーを選びました。何があるかわかりませんね。
理由は大きく2つ。

自由(時間、場所、服装、髪型、その他) ※当然会社にもよりますが。
成長(html、css、Photoshop、などなどインプットの幅広さ)

Webデザイナーという仕事を知った時、こ、これだ・・・!と運命を感じました。デザイナーとして就職したとして、ディレクターへ転向したくなるかも。独立という道もある。可能性がめちゃくちゃ広いな〜と思ったんです。
そして何より、唯一「人の役に立つための手段」として、一番しっくりきたんですよね。これは感覚ですけど。デザイナーって響きも確かにかっこいいですけど(笑)、これを通して人に喜んでもらいたい!と思いました。

決断して1週間後には上司に辞める旨を伝え、パソコンを買い、スクールへ申し込みに行きました。行動の速さはチーター並です。

①のまとめ

そもそも何故、今このnoteを書いているかというと理由があります。

私が内定を頂けたのは、ほんの数日前です。正確にはまだWebデザイナーではありません(笑)
就活を始めた当初、新卒での就活があまりに上手くいっていた私は舐めてました。

当時の私:ま、5〜6社くらい応募したら受かるっしょ!

ええ、それはもう完全に舐めてました。アホですね〜。現在コロナが蔓延していて、ただでさえ厳しい状況です。楽天家もいい加減にしてほしいですね。
書類選考であんなに落ちると思っておらず、やっとの面接も実らず、ちょっとだけ泣きました。(笑)
そんな矢先に内定を頂けたのがそれはそれは嬉しくて、カーニバル始めそうなくらい嬉しくて、思わず喜びの丈をツイートしたんです。

そしたらものすごい数の方に「おめでとう!!」と言って頂き、Wで嬉しいわけです。私、2000人もの方に「いいね」って言われたことなんてないですよ。

そしてそんな私を見て、「どうやって就活してましたか?」など質問してくださる方が何人かいらっしゃいました。沢山の方が努力していて、そして同じように不安で、やっぱり体験談がある人に頼ってみたいですよね。共感の嵐です。
私自身誰かに頼ることがいつも苦手で質問とか出来なかったのですが、そんな人でも参考になったらいいな〜と思い、書いてます。

すごいデザイナーさんに「どうやって就職したんですか?」とか絶対聞けないけど、ペーペーの私にだからこそ聞きやすいこともあると思います。
そんな方達に身近に感じて頂き、またほんの少しでも役に立てたらと思っています。
もしご興味があれば、是非②もご覧いただけたら幸いです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
26
業界未経験➡︎Webデザイナーへ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。