見出し画像

素早い決断は大人になっても大切なことだよ。 【毎日のつぶやき/僕のネタ帳03】

ジュニアの子どもたちに身につけてほしいことの一つに"素早く決断する"ことが挙げられる。そのためには、どんな練習をしたらいいか?

・ゲーム性
・スペースの調整
・人数の設定
・攻守の切り替え
+αで「選手との会話」「夢中になる環境づくり」…

最低でもこれらの条件は必要になる。

元フットサル日本代表監督のミゲル・ロドリゴは、僕に「指導理論」として6つの要素を教えてくれた。

・テクニック
・戦術
・状況を把握する能力
・集中力
・決断する能力
・フィジカル +α

彼はいつも「ジュニアで上手にフットサルを取り入れてほしい」と言っていたけど、この意見には、僕も賛成だ。大きな理由は「技術と戦術の反復トレーニングができる」のとともに「心の満足」が得られるから。

サッカーとフットサルの共通点に目を向けるとよくわかる。僕はその共通点の一つに「再現性」があると考えている。スペースが小さいフットサルはサッカー以上にゲーム運びを安定させる必要があるため、プレーの再現性が重要になる。

加えて、もう一つサッカーの練習としてプラスαをもたらすのが「攻守の切り替え」…こんなところから、僕は小さい頃からフットサルを取り入れることに大賛成!

少子化が進む昨今、地域の街クラブでは1学年で1チームを作ることも徐々に難しくなっている現状があり、複数学年で1チームも珍しくはない。その中で子どもに「友達とボールを蹴る」環境を与えられるのがフットサル。

この機会にコーチがフットサルを学ぶことをお勧めしたいなぁ。

※このコンテンツは「Twitter」で毎朝つぶやいている内容をまとめたものです。頭の整理を目的とするもので、記事として書いているわけではありません。その点をご理解の上、ご一読ください。
木之下潤

【プロフィール】
文筆家&編集者/「年代別トレーニングの教科書」「グアルディオラ総論」など制作多数/子どもをテーマに「スポーツ×教育×発育発達」について取材・研究し、2020年1月からnoteで「#僕の仮説」を発表中!/2019年より女子U-18クラブユースのカップ戦「XF CUP」( @CupXf )の公式メディアディレクターを務める/趣味はお笑いを見ること

▼ジュニアサッカーを応援しよう!
2018年4月〜2020年3月まで「特集担当」として企画から執筆までを行う。

#僕のネタ帳
#毎日のつぶやき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「僕の仮説を公開します」は2020年1月より有料になります。もし有益だと感じていただけたらサポートいただけますと幸いです。取材活動費をはじめ、企画実施費など大切に使わせていただきます。本当にありがとうございます。

読んで頂き、ありがとうございます。ぜひ次もお楽しみに!
5
文筆家&編集者/「年代別トレーニングの教科書」「グアルディオラ総論」などの編集・執筆/ジュニアをテーマに「スポーツ×教育×心身の成長」について取材研究し、今年からジュニアサッカーマガジン「#僕の仮説」を連載中/女子U-18のクラブカップ戦「XF CUP」公式メディアディレクター

こちらでもピックアップされています

毎朝のつぶやき「僕のネタ帳」
毎朝のつぶやき「僕のネタ帳」
  • 18本

毎朝ルーティーンとして頭の中を整理をするためにTwitterを活用。そのつぶやいたネタをまとめたコンテンツ集です。記事として書いたものではないため、このマガジンの内容に関する問い合わせは一切受け付けません。あくまで個人的なネタ帳としてストックすることを目的にしているため、「参考」くらいにご覧くださいませ!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。