見出し画像

理論的に考えることは大事だけど、まず行動! 【毎日のつぶやき/僕のネタ帳06】

ジュニアの練習は「コーチがどの年代に、何を身につけさせるか」を整理しておくことが大切になる。

【年代の区分け】
・0〜6歳
・7〜8歳
・9〜10歳
・11〜12歳

【選手に不可欠な要素】
・フィジカル的な要素
・技術的な要素
・思考的な要素
・感情的な要素

トレーニングを考えるとき、それぞれの年代や習得状態を観察しながら何と何とを組み合わせ、どういうバランスで組み込むのかが重要になる。

元フットサル日本代表監督のミゲル・ロドリゴは「ピッチ上で想像力を働かす選手の育成が大切」だと語り、その方程式を教えてくれた。

▼創造力=スペース(±)×人数&スキル(±)×練習メニュー

どの要素を、どのようなバランスで、どう組み合わせるか。

最も大切なのは『スペース』の調整。また、『プレー人数』も敵や味方の数、選手の質によって認知・決断のスピードは大きく左右される。『練習メニュー』とは、スペインでいう「インテグラル・トレーニング」のこと。ようするに、技術、戦術、視野の作り方、考える速度、決断力、フィジカル+αというそれぞれの要素が統合されたトレーニングだ。

ただ、経験の浅いコーチは理論的に難しいことが多々ある。

街クラブのコーチには、指導でご飯を食べている人、アルバイト、ボランティアといろいろな人がいる。「練習メニューをどう考えたらいいかわからない」という人は、とりあえず次の4つの組み合わせをいろいろ変え、練習メニューを作れば問題ない。

・ゴールの数
・ピッチの大きさ
・選手の人数
・ボールの数

アドバイザーを務める街クラブの代表は低学年の担当をしているが、最初は4ゴールゲームをベースに『ピッチサイズ』『選手の人数』など条件をいろいろ変えて練習メニューを作っていた。

たとえば、2対2のグループを2つ同時にピッチに入れたり。そうすると、選手も4対4をするよりプレーに関わることが増えるから楽しそうだった。

大事なことは子どもが楽しそうかどうか。

まず、コーチも「やってみる」姿勢が大切なこと。

※このコンテンツは「Twitter」で毎朝つぶやいている内容をまとめたものです。頭の整理を目的とするもので、記事として書いているわけではありません。その点をご理解の上、ご一読ください。

木之下潤

【プロフィール】
文筆家&編集者/「年代別トレーニングの教科書」「グアルディオラ総論」など制作多数/子どもをテーマに「スポーツ×教育×発育発達」について取材・研究し、2020年1月からnoteで「#僕の仮説」を発表中!/2019年より女子U-18クラブユースのカップ戦「XF CUP」( @CupXf )の公式メディアディレクターを務める/趣味はお笑いを見ること

▼ジュニアサッカーを応援しよう!
2018年4月〜2020年3月まで「特集担当」として企画から執筆までを行う。

#僕のネタ帳
#毎日のつぶやき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「僕の仮説を公開します」は2020年1月より有料になります。もし有益だと感じていただけたらサポートいただけますと幸いです。取材活動費をはじめ、企画実施費など大切に使わせていただきます。本当にありがとうございます。

ぜひシェアもよろしくお願いします。
6
文筆家&編集者/「年代別トレーニングの教科書」「グアルディオラ総論」などの編集・執筆/ジュニアをテーマに「スポーツ×教育×心身の成長」について取材研究し、今年からジュニアサッカーマガジン「#僕の仮説」を連載中/女子U-18のクラブカップ戦「XF CUP」公式メディアディレクター

こちらでもピックアップされています

毎朝のつぶやき「僕のネタ帳」
毎朝のつぶやき「僕のネタ帳」
  • 18本

毎朝ルーティーンとして頭の中を整理をするためにTwitterを活用。そのつぶやいたネタをまとめたコンテンツ集です。記事として書いたものではないため、このマガジンの内容に関する問い合わせは一切受け付けません。あくまで個人的なネタ帳としてストックすることを目的にしているため、「参考」くらいにご覧くださいませ!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。