junito.itohei

京都府与謝郡与謝野町(天橋立から車で10分)でネクタイ生地を織っています。クリエイター(プロ・アマを問わずオリジナルの織物を創りたい人)と繋がって新しいものづくりを目指していいます。www.itohei.com(Webサイト改定中)

junito.itohei

京都府与謝郡与謝野町(天橋立から車で10分)でネクタイ生地を織っています。クリエイター(プロ・アマを問わずオリジナルの織物を創りたい人)と繋がって新しいものづくりを目指していいます。www.itohei.com(Webサイト改定中)

    最近の記事

    織物制作とAdobe Photoshop、Adobe Illustratorの連携利用

    ジャカード織物の制作においてAdobe Photoshopは不可欠なデザイン〜意匠図作成作業の中核を担うアプリケーションソフトウェアとなっています。意匠図とは、元絵を織物の経糸・緯糸の糸の交差上に展開した織物の設計図のことです。 織物の場合1cmx1cmの正方形であっても経糸、緯糸の本数が同じであるわけではなく、例えば弊社の機の場合は、経糸は約1cmに100本、緯糸は約25本、密度の比率でいえば4対1にあたります。これは織物ごとに異なります。 昔は一つの方眼の枡が4対1に

    スキ
    1
      • Texte(四字熟語)の織りデータの作り方

        「存在次元」を例にデータの作成手順を解説します。 Photoshopで高さ8、巾7ピクセルのキャンバスを作成し、「美咲フォント」をで存在次元の「存」をタイプします。 美咲フォントはフリーで商業利用できるフォントで、且つ8x8ピクセルで漢字を表現しているビットマップフォント(ラスターフォントとも言います)です。 ビットマップフォントとは、文字の形をコンピュータ上で表現するフォントデータの形式の一つで、文字を小さな正方形の点(ピクセル)の集合として表したもので、白黒の二階町(

        • ジャカード(歴史編)

          ジャカード織機は、1801年フランスの発明家ジョセフ・マリー・ジャカール(Joseph Marie Jacquard:1752年7月7日-1834年8月7日))によって発明されたパンチカードに情報を記録し、織機の経糸(たていと)を上げ下げする仕組みです。 後にコンピューターの父と呼ばれるチャールズ・バベッジ(Charles Babbage:1791年12月26日 - 1871年10月18日)がジャカードを元に1822年、階差機関 (difference engine) と名