見出し画像

「歴史から学ぶことの大切さ」とは?【歴史奉行通信】第六号

こんばんは。伊東潤による「第六回 歴史奉行通信」をお届けいたします。

〓〓今週のTopic〓〓

1.伊東潤Q&Aコーナー「伊東潤、強靭な身体づくりの秘訣は?」
2.新刊『幕末雄藩列伝』を通じて伝える「歴史から学ぶことの大切さ」とは
3.読書会のお知らせ「開催まであと半月!深重の海を伊東潤と語らおう」

━━━━━━━━━━━━━━━
1.伊東潤Q&Aコーナー
「伊東潤、強靭な身体づくりの秘訣は?」

━━━━━━━━━━━━━━━

前号より募集を開始したこのコーナー、早速メッセージが届きましたので今週はこちらをご紹介。

Q.
いつも楽しみに読ませてもらっております。私は季節の変わり目に風邪をひきやすく、そうとわかっていながらもなかなか体調をうまくコントロールできません。これから本格的に寒くなりますが、伊東先生がコンディション作りで意識されているものがありましたら教えてほしいです。
(東京都・かわしさま)

A.
とくに健康法はありませんが、スポーツジムに最低でも週三回は通うことは続けています。
強靭な肉体を作ることで、今のところ病から遠ざかっています。(伊東潤)

***************

伊東潤のメルマガはワンウェイでなくインタラクティブを心がけています。
皆様のお悩みを、歴史上のエピソードになぞらえてお答えしていきたいと思いますので、ご遠慮なく、是非お気軽にこちらからお送りください!

━━━━━━━━━━━━━━━
2.新刊『幕末雄藩列伝』を通じて感じる
「歴史から学ぶことの大切さ」とは

━━━━━━━━━━━━━━━

11月10日、歴史ノンフィクションの八作目となる『幕末雄藩列伝』を上梓しました。

本書の趣旨は、ずばり、
藩という視点から幕末と明治維新の真実を探っていこうというものです。

皆さんの持つ幕末や明治維新のイメージは、どのようなものでしょうか。
おそらく大半の方が、坂本龍馬や西郷隆盛、はたまた新選組の土方歳三
といった英雄豪傑を思い浮かべるのではないでしょうか。

確かに明治維新は、人によって成し遂げられたものです。時代の趨勢が後押ししたという事実もあるとは思いますが、やはり「これでは諸外国の植民地にされる」ことに危機感を抱いた志士たちによって、新しい日本が作られたのです。

しかし、そうした危機感を抱いた人々の大半は武士であり、出身母体があります。それが藩です。

江戸時代は幕藩体制と呼ばれるほど、徳川家の力が強かった割には、
中央集権よりも分権国家としてのイメージが強く、幕末に近づけば近づくほど、諸藩は独自色を濃く打ち出していきました。

藩とはいったい何なのか。

それは英雄たちを育てた巣であり、また、
英雄たちを飛び立たせていったマザーシップでもあるのです。

この続きをみるには

この続き:2,484文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史小説家 伊東潤が毎月第一・第三水曜日に配信しているメールマガジン【歴史奉行通信】。 歴史に関する情報や作品制作秘話、伊東潤が読者の...

または、記事単体で購入する

「歴史から学ぶことの大切さ」とは?【歴史奉行通信】第六号

伊東潤

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

逆境上等!
4
小説家 伊東潤のnote公式アカウントです。 10/5、『敗者烈伝<文庫版>』(実業之日本社)発売! 最新作『家康謀殺』(KADOKAWA)、『横浜1963』(文藝春秋)。 無料メルマガ登録はこちら→ https://itojun.corkagency.com/mailmag/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。