見出し画像

いよいよ公開近づく「介助犬ライカ!」

社会福祉法人 日本介助犬協会

皆さん、こんにちは。
日本介助犬協会 遠藤大輔です。

2022年2月まで日本介助犬協会HPにて公開されておりました「漫画介助犬ライカ!」ですが、HPリニューアルに伴い公開場所をここnoteに移し、物語の始まりから再掲載致します。

掲載中は多くの皆様に「感動して電車の中で泣きました」「介助犬漫画っていうから犬だけの話だと思ってたけど違った」「シンシアの丘に行ってみたくなった!」など嬉しいコメントをたくさんいただいておりました。

介助犬ライカ!背景


長久手市で活躍する漫画ユニット「真希ナルセ」氏、社会福祉活動の一環としてアシスタント業務を無償で行っていただいている「名古屋デザイナー学院」の皆さん、そして私たち日本介助犬協会がガッチリと手を組んで送り出す渾身の作品を是非ご覧ください!

真希ナルセ氏

画像2


名古屋デザイナー学院様




遠藤のひとりごとマガジンでは、かなり不定期で「介助犬ライカ!」のお話も少ししていきたいと思っています。


乞うご期待ください!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
社会福祉法人 日本介助犬協会

介助犬1組の育成には240万円~300万円ほど費用がかかります。 みなさまのご支援をよろしくお願いします!

社会福祉法人 日本介助犬協会
介助犬とは、手や足に障がいのある方の手助けをするために特別な訓練を行った犬のことをいい、日常生活動作の補助をします。ご本人と社会とのつながりを作ることも大きな目的であり、介助犬との生活を通して皆さんと一緒に考えます。 ★公式HPはこちら→https://s-dog.jp/