見出し画像

2022スプリンターズステークス 過去5年傾向 (外厩・指数・パドック)

JRDB 競馬アラカルト
【注】スマホは画面横向き推奨です!

スプリンターズS過去5年分の複勝圏内馬の印傾向

画像2

基単=基準単勝オッズ 確単=確定単勝オッズ
「総」=直前総合印 「I」=IDM印 「展」=展開印 
「記」=展開記号「情」=情報印 「厩」=厩舎印 
「調」=調教印 「激」=激走印 「パ」=パドック印

IDM印、展開印、情報印、厩舎印、調教印の評価順
「◎→○→▲→注→△→▽→-」

展開記号は「<」逃げ馬 「@」上がり最速 
「*」上がり2,3番手「?」データ不足で確認が必要な馬 
「-」その他

パドック印の評価順「◎→○→▲→注→△→▽→☆→-」
激走印は「激」or「-」

【1着馬の放牧先(外厩)と前走レース】

画像3

【2着馬の放牧先(外厩)と前走レース】

画像4

【3着馬の放牧先(外厩)と前走レース】

画像5

各放牧先(外厩)の赤文字は帰厩初戦を示しています


過去5年枠番別成績

画像6

過去5年の3着内馬の父・母父

画像7

【注】すべて日本語表記

各馬の評価参考例

画像1

※①IDM、厩舎、調教印の横の数字は各指数を示しています。評価順は「◎→○→▲→注→△→▽→無」
また、厩舎、調教矢印の評価順は「↑」「↗」「→」「↘」「↓」です
※②オッズ、パドック印の横の数字は各点数を示しています。

2021年

画像8

画像9

レースコメント:前日夜半に雨が降ったがすっかり回復。速い上がり出る馬場でやや内有利。関東馬不在のメンバー。若干バラついたスタート。大外枠だがモズスーパーフレアのダッシュが速く、内のビアンフェを制してズバッと先手を奪った。3番手にピクシーナイトとレシステンシアが併走。最初縦長の隊列ではあったが、徐々に後続も差を詰めてくるものの、先頭の進むペースが例年よりも緩くて好位勢の手応え絶好。直線に向いてモズスーパーフレアとビアンフェの間を、ピクシーナイトが割って抜け出し、ビアンフェの外をレシステンシアが伸びてくる。坂上でピクシーナイトが1頭抜け出し、同馬と同じルートをシヴァージが猛追してレシステンシアに襲い掛かる。2着争いは首の上げ下げになったが、僅かにレシステンシアが2着を制した。内外の差はあったものの、ピクシーナイトはスプリントG1で決定的と言える2馬身差をつけての圧勝。


1着:ピクシーナイト 牡3 55kg 音無秀孝厩舎(栗)

父:モーリス  母父:キングヘイロー

馬主:㈲シルクレーシング 生産牧場:ノーザンファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ノーザンファームしがらき(1) ~中2週~

IDM:注72 厩舎:◎19 厩舎矢印→ 調教:◎17 調教矢印:↗

追切指数:67 仕上指数:68 調教量変化:A

オッズ:▲2.5 パドック:○3.4 馬体:良 馬体重:538(+2)

馬具変更:なし

馬体コメント:腰高で腹ボテ。トモ○。フックラ柔軟。

2着:レシステンシア 牝4 55kg 松下武士厩舎(栗)

父:ダイワメジャー  母父:リザードアイランド

馬主:㈲キャロットファーム 生産牧場:ノーザンファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ノーザンファーム(2) ~中2週~

IDM:○73 厩舎:○17 厩舎矢印↗ 調教:▲13 調教矢印:→

追切指数:74 仕上指数:74 調教量変化:B

オッズ:○3.0 パドック:▲3.2 馬体:良 馬体重:506(-2)

馬具変更:なし

馬体コメント:脚長で腰高。トモ○。スッキリ柔軟。

3着:シヴァージ 牡6 57kg 野中賢二厩舎(栗)

父:ファーストサムライ  母父:インディアンチャーリー

馬主:㈱カナヤマホールディングス 生産牧場:Hinkle Farms

外厩情報(帰厩()戦目):フォレストヒル(1) ~中13週~

IDM:無65 厩舎:△8 厩舎矢印→ 調教:無-9 調教矢印:→

追切指数:72 仕上指数:66 調教量変化:B

オッズ:- パドック:無 馬体:余 馬体重:500(+6)

馬具変更:なし

馬体コメント:筋肉質で腹ボテ。トモ○。腰甘い。柔軟。

2020年

画像10

画像11

レースコメント:Hペース消耗戦。内が荒れた馬場。前2頭が競って後続を離す展開。荒れ馬場で耐えられるペースではなく外からの追い込みが決まった。勝ち馬は道中忙しそうだったが直線では別格の反応。ここでは力が違った。2着馬も力は出してるが相手が悪かったとしか言いようがない。


1着:グランアレグリア 牝4 55kg 藤沢和雄厩舎(美)

父:ディープインパクト  母父:タピット

馬主:㈲サンデーレーシング 生産牧場:ノーザンファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ノーザンファーム天栄(1) ~中16週~

IDM:◎83 厩舎:◎21 厩舎矢印→ 調教:◎19 調教矢印:↗

追切指数:60 仕上指数:58 調教量変化:B

オッズ:◎3.5 パドック:◎3.6 馬体:余 馬体重:504(+12)

馬具変更:なし

馬体コメント:細身で脚長、腰高。フックラ余裕はある。

2着:ダノンスマッシュ 牡5 57kg 安田隆行厩舎(栗)

父:ロードカナロア  母父:ハードスパン

馬主:㈱ダノックス 生産牧場:ケイアイファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ケイアイファーム千葉(2) ~中2週~

IDM:○76 厩舎:注8 厩舎矢印→ 調教:▲17 調教矢印:↗

追切指数:73 仕上指数:73 調教量変化:B

オッズ:▲2.5 パドック:注2.4 馬体:良 馬体重:472(+2)

馬具変更:ノーマルハミ→エッグハミ

馬体コメント:中背で腰高。腰甘い。スッキリしなやか。

3着:アウィルアウェイ 牝4 55kg 高野友和厩舎(栗)

父:ジャスタウェイ  母父:キングカメハメハ

馬主:吉田 勝己氏 生産牧場:ノーザンファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ノーザンファームしがらき(1) ~中5週~

IDM:▽70 厩舎:無-11 厩舎矢印→ 調教:無-1 調教矢印:↗

追切指数:63 仕上指数:62 調教量変化:A

オッズ:- パドック:☆ 馬体:良 馬体重:478(-4)

馬具変更:なし

馬体コメント:胴短腰高。トモ腰○。スッキリ仕上がる。

2019年

画像12

画像13

レースコメント:多少内が荒れている程度で乾いて時計速め、前・内有利の状況。ほぼ揃ったスタートも、唯一ハッピーアワーが大きく出遅れ。好スタートを決めたモズスーパーフレアが速い。1馬身ほど優勢でハナは確保。その真後ろはしばらく8頭ほど横並びで争うも、真ん中から押してマルターズアポジーが2番手となり、外に8枠2頭が続く。内枠のセイウンコウセイ、ダノンスマッシュは加減して控えた。モズスーパーフレアは2番手ともリードを広げる速い逃げで、前半3Fは32秒7で行く。4コーナーでミスターメロディーが追い上げ、好位勢は早くも脱落。逃げ粘るモズスーパーフレアが直線でもう一伸びし、ミスターメロディーを振り切ったが、最後外からタワーオブロンドンが猛追。最後ゴール前で捉えきった。1分6秒台には及ばなかったが、かなり速い決着。


1着:タワーオブロンドン 牡4 57kg 藤沢和雄厩舎(美)

父:レイヴンズパス  母父:ダラカニ

馬主:ゴドルフィン 生産牧場:ダーレー・ジャパン・ファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ダーレー・ジャパン・ファーム(3) ~中2週~

IDM:◎76 厩舎:▲14 厩舎矢印↗ 調教:○15 調教矢印:→

追切指数:54 仕上指数:54 調教量変化:A

オッズ:○3.0 パドック:▲3.3 馬体:良 馬体重:514(-2)

馬具変更:なし

馬体コメント:胴短腰高。トモ○。腰甘い。スッキリ柔軟。

2着:モズスーパーフレア 牝4 55kg 音無秀孝厩舎(栗)

父:スパイツタウン  母父:ビロングトゥーミー

馬主:㈱キャピタル・システム 生産牧場:Alpha Delta Stables

外厩情報(帰厩()戦目):吉澤ステーブルWEST(1) ~中5週~

IDM:○73 厩舎:無5 厩舎矢印→ 調教:▲11 調教矢印:↗

追切指数:69 仕上指数:69 調教量変化:B

オッズ:▲2.5 パドック:注3.2 馬体:良 馬体重:502(-4)

馬具変更:なし

馬体コメント:細身で胴短腰高。トモ腰○。スッキリ硬め。

3着:ダノンスマッシュ 牡4 57kg 安田隆行厩舎(栗)

父:ロードカナロア  母父:ハードスパン

馬主:㈱ダノックス 生産牧場:ケイアイファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ケイアイファーム(2) ~中4週~

IDM:▲73 厩舎:◎20 厩舎矢印↗ 調教:◎23 調教矢印:⬆

追切指数:66 仕上指数:66 調教量変化:B

オッズ:◎3.5 パドック:○3.4 馬体:良 馬体重:470(-8)

馬具変更:なし

馬体コメント:胴短腰高。トモ○。腰甘い。スッキリ柔軟。

2018年

画像14

画像15

レースコメント:台風が接近する前日で、朝から渋っていたがレース直前に非常に強い降雨あり。若干バラついたスタート。ナックビーナス、ラブカンプーのスタートが速いが内から押してワンスインナムーンが主張する。ラブカンプーは一旦引いたが、ワンスインナムーンが飛ばして2馬身リード、雨馬場にしてはなかなか速いペース。1頭-先行馬4頭-差し馬7頭-追い込み馬4頭と固まって続く隊列。直線に向いても粘るワンスインナムーンにラブカンプーが接近、残り200mで抜け出して差し馬の勢い足りない。前の組が残るかと見えた所で坂上やっと外からファインニードルが猛追。踏ん張るラブカンプーをゴール寸前で差し切った。3着には好位内から接近したラインスピリットが入線。差し馬はあまり力を出せず、ラチ沿いを進んだ馬の有利が目立つ結果に。


1着:ファインニードル 牡5 57kg 高橋義忠厩舎(栗)

父:アドマイヤムーン  母父:マークオヴエスティーム

馬主:ゴドルフィン 生産牧場:ダーレー・ジャパン・ファーム

外厩情報(帰厩()戦目):ミッドウェイファーム(2) ~中2週~

IDM:◎75 厩舎:◎31 厩舎矢印↗ 調教:◎18 調教矢印:→

追切指数:75 仕上指数:75 調教量変化:B

オッズ:○3.0 パドック:◎3.6 馬体:良 馬体重:470(±0)

馬具変更:なし

馬体コメント:骨太で腰高。腹ボテ。トモ○。柔軟。張り○

2着:ラブカンプー 牝3 53kg 森田直行厩舎(栗)

父:ショウナンカンプ  母父:マイネルラヴ

馬主:増田 陽一氏 生産牧場:奥山 博

外厩情報(帰厩()戦目):吉澤ステーブル(湖南牧場内)(4) ~中2週~

IDM:無70 厩舎:無-15 厩舎矢印→ 調教:無-11 調教矢印:→

追切指数:55 仕上指数:60 調教量変化:A

オッズ:- パドック:無 馬体:良 馬体重:436(+2)

馬具変更:なし

馬体コメント:細身で小柄、腰高。腰甘い。スッキリ仕上る

3着:ラインスピリット 牡7 57kg 松永昌博厩舎(栗)

父:スウェプトオーヴァーボード  母父:トニービン

馬主:大澤 繁昌氏 生産牧場:藤原牧場

外厩情報(帰厩()戦目):信楽牧場(7) ~中2週~

IDM:無68 厩舎:無-2 厩舎矢印→ 調教:無-11 調教矢印:→

追切指数:72 仕上指数:72 調教量変化:B

オッズ:- パドック:無 馬体:良 馬体重:444(+2)

馬具変更:なし

馬体コメント:細身で腰高。腰甘い。スッキリ仕上がる。

2017年

画像16

画像17

レースコメント:内有利馬場。スロー決め手勝負。一つ前の1000万下よりも、昨年よりも遅いペース。逃げたワンスインナムーンが粘るところを内外から差し馬が追うが、レッドファルクスの決め手が上回った。この流れを外から差し切ったことは褒められる一方で、この流れで残せない先行馬のふがいなさも同時にある。勝ち馬も昨年と同時計で走ったら勝てた相手関係。


1着:レッドファルクス 牡6 57kg 尾関知人厩舎(美)

父:スウェプトオーヴァーボード  母父:サンデーサイレンス

馬主:㈱東京ホースレーシング 生産牧場:社台ファーム

外厩情報(帰厩()戦目):山元トレーニングセンター(1) ~中16週~

IDM:◎74 厩舎:◎18 厩舎矢印→ 調教:○17 調教矢印:→

追切指数:73 仕上指数:71 調教量変化:B

オッズ:◎3.5 パドック:▲3.0 馬体:余 馬体重:474(±0)

馬具変更:なし

馬体コメント:脚長・腰高。腰○。フックラ。踏込み浅い。

2着:レッツゴードンキ 牝5 55kg 梅田智之厩舎(栗)

父:キングカメハメハ  母父:マーベラスサンデー

馬主:廣崎利洋HD㈱ 生産牧場:清水牧場

外厩情報(帰厩()戦目):小国スティーブル(ダービースクエア内)(1) ~中19週~

IDM:無67 厩舎:無-9 厩舎矢印→ 調教:無-2 調教矢印:→

追切指数:59 仕上指数:60 調教量変化:B

オッズ:注2.0 パドック:無 馬体:余 馬体重:496(±0)

馬具変更:なし

馬体コメント:胴短で腰高。柔軟で太め。

3着:ワンスインナムーン 牝4 55kg 斎藤誠厩舎(美)

父:アドマイヤムーン  母父:ヘクタープロテクター

馬主:㈲いとはんホールディングス 生産牧場:岡田スタツド

外厩情報(帰厩()戦目):山元トレーニングセンター(2) ~中4週~

IDM:無66 厩舎:無-3 厩舎矢印→ 調教:▽-1 調教矢印:→

追切指数:71 仕上指数:68 調教量変化:B

オッズ:- パドック:☆ 馬体:良 馬体重:452(±0)

馬具変更:なし

馬体コメント:細身で小柄。スッキリ仕上がる。踏込浅い。

情報の精度、システムの運用には万全を期しておりますが、情報内容に誤りがあった場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。

画像18

画像19


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
JRDB 競馬アラカルト

いつもサポート(投げ銭)していただき、ありがとうございます。 おかげさまで、とても励みになります。