見出し画像

アメリカJCC~回顧

冴羽拳史郎

枠が走る日本の競馬

クリックの応援をヨロシクお願いいたします!
クリックの応援をヨロシクお願いいたします!

中心馬と考えたガイアフォースは、まさかの5着敗退。

アメリカJCCの結果

中心馬のガイアフォースの同枠エヒトの2着連対。

『枠が走る日本の競馬』

故高本公夫氏の名言であるが、まさにその結果であった。

ガイアフォースの何が足りないのか?

実はこれも事前に「もしかしてこの部分が禁止条件か?」と頭を過ってはいたのだが、こういうところに落とし穴がある。
枠連では捉えていたのだが、まあ、これは仕方なし。

ノースブリッジの戦歴

ノースブリッジの戦歴

ノースブリッジとエヒトは連対候補として挙げていたのだが、ノースブリッジが勝利できた最大のポイントはエプソムCの1着歴にあるだろう。

エリザベス女王即位70年記念 エプソムC 1着ノースブリッジ

エリザベス女王即位70年記念の副題付エプソムC。
エプソムCを勝利したのが、エリザベス女王杯に出走できない牡馬が勝利したこと。
これにより、エリザベス女王杯と同一距離の2200m重賞であるアメリカJCCを勝たせたということである。

冴羽拳史郎へのお問い合わせはコチラ♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!