見出し画像

東海ステークス~回顧

冴羽拳史郎

東海ステークス~回顧

クリックのご協力をお願いいたします!
クリックのご協力をお願いいたします!

東海ステークスは馬連的中。

トップナイフの再現性

登録馬を見た瞬間、ハギノアレグリアスは鉄板の連軸だと思った。
その理由は、ホープフルステークスの2着馬トップナイフとクリソツの戦歴だったから。

トップナイフの戦歴
ハギノアレグリアスの戦歴

この2頭が同じ馬だと解らないと、戦歴論は理解できないだろう。

トップナイフ 萩S1着→京都2歳S2着【阪神代替1800m+阪神代替2000m】
ハギノアレグリアス 太秦S1着→みやこS2着【阪神代替1800m+阪神代替2000m】

ホープフルSの際にもトップナイフは有力候補として挙げた。

戦歴の見方について

ここで戦歴の見方について少し。
トップナイフもハギノアレグリアスも【オークンクラス戦の複数連対歴所持】であることが重要。

≪単発なのか? 複数なのか?≫

単発と複数では大きく違う。

1着席を争っていたのは?

恐らく1着席を争っていたのは、プロミストウォリアとサンライズウルスの2頭ではなかったか?

プロミストウォリアの戦歴
サンライズウルスの戦歴

2頭の直前走に注目。
2頭共に阪神1800m戦に出走(共に56kg)し、タイムも1分52秒2で丸っきり同じなのだ。

外国人ジョッキーについて

外国人ジョッキーはJRA所属の外国人ジョッキーとJRA所属外の外国人ジョッキーは分けて考える。

JRA所属の外国人ジョッキー→仮想(外)馬
JRA所属外の外国人ジョッキー→仮想[外]馬

プロミストウォリアの騎手はムルザバエフなので仮想[外]馬。
馬名の前に[外]のマークを付けて考えてみるのである。

私的には、外国人ジョッキーだからプロミストウォリアは勝利できたと考えている。
これが日本人ジョッキーだったら、別の景色になってきたのではないかと。

まさかの落馬

レース直後、(地)ヴァンヤールがまさかの落馬。
競走中止戦は、イレギュラー。
なぜなら、全て完走していたら、(地)ヴァンヤールも連対できたかも知れないので。
落馬を見た瞬間、「サンライズウルスは消えたな」と直感で感じた。
なぜなら、8番のど真ん中だったのが、落馬を除いて枠順を組み替えると、ど真ん中でなくなるから。
「プロミストウォリアが勝つな」と思ったらその通りに。

冴羽拳史郎へのお問い合わせはコチラ♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!