見出し画像

我が家が結婚してから10年間で2000万円貯めた方法!

こんにちは

今回は資産運用を勧めるブログとは違い、運用には軍資金が必要となってきます。

結婚した時は年収300万円台だったと思いますが、夫婦で住まいを共有する事で家賃が半分になり収入は2倍になります。

途中子宝にも恵まれましたが、10年間で1000万円の目標を超えて2000万円達成できました!

これは特別な事ではなくて普通のサラリーマンと共に働くパートナーがいれば決して不可能な金額ではないです。


消費と浪費と言う言葉があるように無駄な支出と浪費をしなければ達成可能です。


興味があれば最後までお付き合い頂けると幸いです。


結婚と離婚


私達夫婦は縁があり13年ほど前に結婚することが出来ました。

お互いに変わり者の部類に入るようで(笑)変わり者同士波長が合い繋がることができました。


日本の離婚率が35%前後と3組に1組は離婚を経験している中でも今も夫婦で協力していけるのは奇跡かも知れません!


離婚の原因は何なのか?と言いますと

第1位は「性格の不一致」が挙げられます。

他人同士がひとつ屋根の下で毎日24時間生活するので付き合っている時と違い、気を抜いた一面も見えてきてしまいます。

(いびきがうるさい!咀嚼音が大きい!などなど)

また2位以降とかぶりますが「金銭感覚」や「異性問題」「暴力は即アウト!」「性の不一致(性の不調和)」などのセンシティブな内容も離婚原因となります。


つまり金銭感覚と性の不調和の価値観が合わなければ長続きしないという事です。

性の不調和は今回誰も興味がないと思うので(;^_^A割愛するとして、

金銭感覚を夫婦で不公平感がないようにすることで目標金額を達成できると思います。


結論から言いますと


我が家の1年間の貯金目標は200万円です!10年間で2000万円達成です。

月当たり15万円を貯蓄できれば12か月で180万円です。残りはボーナスから補填すれば年間200万円貯金の達成です。


結婚してから共有の通帳を作るのがスタートなのでそれまでの夫婦の貯金は対象外とします。(合算すると不公平感があるので)

途中に産休などで収入が減りますので必ず毎年200万円が目標でなくてもいいと思います。


また、毎月給料振込口座から共有口座に移動する必要もなく50万円単位でもいいと思います。お互いにどれぐらい貯まったのか?3か月から半年に一回ずつでも見える化!をすることでモチベーションを保てます。


今なら通帳だけでなく証券口座に移動することで投資で運用しながら貯めていく事もできますが当時はシンプルに貯蓄だけでした(当時は定期預金で1000万など金利面ではもったいなかった)


その為には出来るだけ夫婦で働き(共働き)夫婦で子育てと家事を分担することです。

保育園の送り迎えや子育て、洗濯、掃除は結構参加してきたつもりです。

2馬力で働くことで世帯の収入も1.5倍から2倍に跳ね上がります。


画像1



毎月15万円貯蓄する具体的な方法


我が家が実践したことは奥様の収入はほぼ貯蓄に回しました。生活は夫の収入でやりくりをします。

手取りが少ない時代は大変でしたが不幸せと思ったことはありません。

(不幸せと思わせたことは何度もあるかもしれないが・・m(__)m)


自分がもっと稼げればよかった!と申し訳ない気持ちでいっぱいです(泣)。

その分家事と子育てに力を入れてきました。

(奥様は家庭におさまりたくない性格で掃除は苦手)


夫婦で7.5万円ずつ毎月貯金!でも同じことですが夫婦間のお金の話し合いが重要となってきますね。


15万円毎月貯蓄するためには支出を減らすこと!


夫婦で楽天モバイルユーザーとなりました。


毎月の収入は限られています。

20代後半から30代前半で結婚した場合の夫婦の手取り収入は平均的に35万(夫20:妻15とします)ぐらいでしょうか?


我が家はシンプルに夫側の収入で生活するものとして妻側の収入は手を付けないようにしました。


毎月20万円の中から家賃と光熱費、通信費、保険代、食費とおこづかいなど引いていきます。


これだけしかない!と思うよりもこれだけ使える!と思えば何とかなるものです(気持ちが大事!)

感情論?

・実家で住めるなら車も保有できる

・保険は掛け捨て保険だけにする

・通信費は格安スマホに替える、光回線はケチらない(ストレス発散)

・食費は奥様に任せる

まず借金(車のローン)をしない事でストレスは格段軽くなります。


住宅ローンは夫婦の価値観によって決めればどちらでもいいと思います。

画像3


今回老後に2000万円不足するであろう試算の元から


老後に2000万円不足するというニュースがありましたが、老後の生活レベルを上げなければ年金だけでも生きていける可能性もあります。


ただし、ねんきん定期便などでどれぐらいもらえるのか?試算しておく事と、毎月の支出はどれぐらい使っているのか?


支出の方が多くなるのであれば何万円不足するのか?

考えて逆算して準備していかなければ途中で枯渇してしまうでしょう!


仮に今2000万円の余裕資産があり4%の投資商品で運用していけば年間80万円の収入となります。

運用方法は配当金として受け取ったり再投資で運用するなど元手があれば選択肢が広がります。


まとめると


2000万円を10年間で貯めるには毎月15万円を目標にすれば達成できます。

15万円×12か月=180万円(後の20万円はボーナスなどで補填)

その為には夫婦で力を合わせて協力し合うことです。


私達は夫婦どちらも少し我慢して老後は貧乏でない老夫婦となるのが目標にしています。


私は車を我慢する事で何百万円という支出が投資に回せてます!ちょっと都市部に引っ越したのもその為です(車の維持費がもったいない)


まずは年間100万円から目標にしてみてはいかがでしょうか?


ありがとうございました。

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。私もスキです!
2
サラリーマンをしながら投資と保険についてブログを書いています。年金には期待できない時代だからこそ資産が増えていく種を撒いておけば老後になった時に大きな木に育ってくれます。分散投資で守りながら増やす部分と集中投資で個別銘柄を買うhttps://jinjin-unyou.com/