mer撮影会ものがたり。 vol.1 〜撮影会立ち上げの思い(前編)〜
見出し画像

mer撮影会ものがたり。 vol.1 〜撮影会立ち上げの思い(前編)〜

じきまる。


皆さんお久しぶりです。じきまるです。
かなり久しぶりにnoteを書こうと思います。

というのも、今年の4月に名古屋で”mer撮影会”を立ち上げ、この半年間を改めて振り返ってみようかな〜と思い至った次第です。
突然思い立ったように書き始めたので、稚拙な文章ではありますがお付き合いいただけたら嬉しいです。

「何してる人?」って、よく聞かれます。

はい、普段はゴリゴリに会社員してます。
愛知といえば(?)な会社、まだまだピチピチ()の新卒2年目です。
大学卒業までは実家のある京都に住んでおり、被写体活動としては関西の某撮影会様で所属モデルとして1年半ほど活動していました。
大学卒業後、愛知に引っ越してきてからは新生活に慣れない部分もあったため、自由気ままにフリーランスで活動をしていました。

思い立ったが吉日。

この言葉、とっても好きなんです。
これまでには、完全オリジナルで写真集を作ってみたり、当時は今ほど開催の無かった写真展を主催させていただいたり…典型的な「即行動タイプ」です。

そしてちょうど一年前。
新社会人生活もやっと慣れてきた頃。
モデルとして単独で活動するのも楽しいけれど、もっと沢山の人を巻き込んで何か面白いことしたいな〜と、ふと思う事がありました。
そこで思いついたのが、以前から興味のあった撮影会立ち上げでした。

「楽しそう!」

はい、本当に最初はただこれだけの理由です。

偶然が重なった、友人との再会。

前述ではもうすでに着手し始めそうな勢いでしたが、とはいえ色々と課題点があるのも事実。
そもそも名古屋の撮影会業界のこと全然知らないし、土地勘もなければ人脈もない。
リアルな話で言うと、経理の知識も無く「個人事業主はどーたら…」みたいな事もゼロから調べました。そしてHPどうやって作ったらいいのー!?(もう軽くパニック)
…というように、色々ネックなところがあり(時間的にも)、撮影会の話は私の空想で終わろうとしていたところでした。

その頃、東京の撮影会様にゲストで出演させていただく機会があり。
開催場所も聞いたことのない土地だったのですが、
私のインスタでそれを見た友人(就活インターン時代の同期・その後は全然会っていなかった)が撮影スタジオのすぐ近くに住んでいたらしく、久しぶりに再会することになりました。

その友人はポートレート業界とは全く関わりが無いのですが、私の活動を知ってくれていたというのもあって、その頃考えていた撮影会の話も聞いてもらいました。
すると、すごく興味を持ってくれたみたいで「HP作るから、やってみたらええやん!」と。

そういう風に”周りから背中を押してもらって何かをやる”ということは当時初めてだったので、これも何かのご縁だと思い、半ば流れに身を任せるような形(笑)で、やってみようと決意ができました。

振り返ってみると、あの時のすごい偶然のおかげで、今のmer撮影会があり、たくさんの人との出会いがあり。
背中を押してくれた友人には、本当に感謝しています。


画像1

”mer撮影会”の由来は?

"mer(読み方:メール)"は、フランス語で「海」を意味します。
※ちなみに撮影会の読み方は呼びやすく「メル撮影会」にしました。

まっさらで、何色にも染まらない海。
そんな新しく広いブルー・オーシャンを開拓していきたいという気持ちで、この名前をつけました。


そんなこんなで、晴れて(?)起業。

まぁ、厳密には法人化していないので起業と言えるのかビミョーですが。笑
それでも私にとっては、ここはまず人生での大きな分岐点と言えるでしょう。

撮影会の立ち上げをリリースしてやっと一息つける。
そう思ったのも束の間。
驚いたのは、予想を遥かに超える数の「第1期生モデル」への応募でした。

その点に関してはなんのビジョンもなく「大バクチ仕掛けてみよう(≧∀≦)」みたいな気持ちだったので、それだけ反響をいただけたということに、私自身がが一番びっくりしていました。
(今思うとそこが一番肝心なんですけどね…。)

そこからは、書類を通過したモデルさんと面談の日々でございます。(エラそーに通過とか言ってすみません…。)

ちなみにmer撮影会の面談は ”ザ・面接” 的な雰囲気はまったく無く、まずは撮影会の方針や条件面などざっくりとご説明して、モデルさんがうちを選んでくれた理由などとマッチしているか、という点に重きを置いています。
mer撮影会のモデル同士はすごく仲が良いのは、それも理由の一つかもしれません。

一方で、私自身、会社員の仕事もちょうど忙しくなってきた頃で今思うとかなり過密スケジュールでした。
そんな中で、面談当日に音信不通… とかザラにあったので(実は)、当時はもう「面談来てくれただけでもありがとう( ;∀;)」と思えるくらい、メンタル鍛えられましたね。笑

そうして集まった24人のモデルたち。

どうなんでしょう。名古屋の撮影会業界では、そこそこ大掛かりな規模感ではないでしょうか。

初めて起業、しかも初めての「リーダー」というポジション。
人数が多い分なおさら統率をとっていくのが大変なんだろうなと思います。
そんな中で、私はまた、ありがたいお言葉をいただく機会に出会います。

それは次回のお楽しみということで、第1話はこのくらいにしておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回、「mer 撮影会立ち上げの思い(後編)」です!!(むしろこっちがメイン)

merをもっと知ってもらえたらいいな。

- photo -
 あおいとりさん(instagram
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
じきまる。
フリーランスモデル。名古屋に住んでいる関西人です。 ▫️mer撮影会 代表:https://mer-photo.com