ジロリンタン備忘録210811
見出し画像

ジロリンタン備忘録210811

 アクセス状況を調べてみると、「ジロリンタン備忘録210730」の項が一番よく読まれているらしい。モー・ヘイダーの死亡記事を書いた項だ。
 そこで、ヘイダーのことで意外な事実が発覚したので、追跡記事を書くことにする。
 彼女の生年月日は1962年1月1日ではなく、2日とする説が多い。真夜中あたりに生まれると、1日でも2日でもどちらでもよいが、書類上は2日なのだろう。出生地はエセックス州エピング。出生名はビアトリス・クレア・バスティンで、父親ジョン・バスティンは宇宙物理学者。両親が離婚したあと、彼女は15歳の時に家を出て、ロンドンに出た。その頃、公式に名前をビアトリス・クレア・ダンケルに改名した模様。
 さて、10日に公表された新事実は、モー・ヘイダーがかつてキャンディー・デイヴィスという芸名でモデルや俳優をしていたことだ。1982年にミス・ヌード美人コンテストで優勝したあと、女優としてBBCの喜劇番組で頭の軽そうな秘書ミス・ベルフリッジを演じていた。1985年に俳優仲間のゲアリー・オルセンと結婚した(1990年に離婚)。

画像1


 1987年に日本に来て、英語教師やナイトクラブ・ホステスをしてから、アメリカで映画製作学科の修士号、イギリスのバース・スパー大学で文章作法学科の修士号を取得したようだ。
 8月12日に葬式が行われるようだが、喪主のボブ・ランダル氏は退職刑事で、2021年に結婚したというから、彼女が運動ニューロン疾患だと診断されたあとのことだね。
 まあ、新しい情報がこんなもんだが、どうもタブロイド紙が喜びそうな故人の「秘密」情報だね。これで、アクセス数が増えるかなあ?
 これから、<ガムシュー・サイト>にも追跡記事を書かなくっちゃ、ガッタ・ハッスル!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
木村二郎

文章を売るのが商売なので、数回に1回でも金銭的な支援をしてくださると嬉しいですが、noteの支援方法が面倒なので、とにかく「スキ」をたくさんくださるだけで結構です。よろしくね。

木村二郎(きむらじろう) ミステリー小説家、翻訳家、研究家。マルタの鷹協会会報編集局員。小説:『逃亡者と古傷』『残酷なチョコレート』『ヴェニスを見て死ね』。周辺書:『おれって本当にハードボイルド探偵なの?』『尋問・自供』。翻訳:ホック『怪盗ニック全仕事』、ウェストレイク『斧』。