見出し画像

ハポンさん、サン・ファン館へ

石巻市長を表敬訪問した後は、石巻日日新聞社の石巻ニューゼへ。

震災当日、電力が失われる中、近江社長が手書きで新聞を書いたこと、当時の写真などを見て勉強しました。コバルトーレ女川の選手たちが、どのような困難に遭遇していたのかをリアルに想像していたようです。

お昼ご飯は、げんき市場で軽く済ませ、次はサンファン館へ。

サンファン館では、素敵な交流が待っていました。

2018年の11月に、ファンフラン会長からCFコリアグッズを送っていただきました。それを、サンファンバウティスタ号が出帆した月の浦港にもっとも近く、東日本大震災の震源地にももっとも近い牡鹿半島の東浜小学校に寄贈させていただきました。もともと過疎地であるため、全校児童が10人程度です。

その後、こどもたちがお礼の手紙を書いてくれました。

その写真とお手紙を、今年の4月にきちんとCFコリアの会長さんに届けて参りました。げんざい、コリア・デル・リオ市に保管されているそうです。

サンファン館の後は一緒に月の浦へ行って、支倉常長像の前で一緒に記念撮影しました。この常長像も、コリア・デル・リオにあるものとまったく同じです。

1
400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。