見出し画像

ハポンさん、松島 円通院へ

2019年8月8日。前の晩に日付が変わるまでカラオケしてても朝は8時出発です。強行スケジュールは変わりません(笑)

円通院は、伊達政宗公嫡男の忠宗公と家康の孫で二代将軍秀忠の養女(振姫)との間に生まれた光宗公の菩提寺です。

光宗公の霊廟三慧殿の厨子には支倉常長が西洋から持ち帰ったと伝わるバラの絵が描かれています。隠れキリシタンの暗号とも解釈される文様があり、3世紀半もの間、秘蔵とされていました。

ゆっくり松島を観光したかったのですが、残念ながら数時間の滞在となりました。




400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。