Vol.358「感情は知性である」

「感情は知性である」
EIという言葉は聞いたことがあるだろう。エモーショナル・インテリジェンス、訳すと「感情的知性」だ。1985年にワイン・ペインが唱えた新しい概念と言われている。

感情的知性は自己認識や自己管理、社会的認識や人間関係の構築にまつわる能力とされる。この知性を高めることにより、結果的に個人のパフォーマンスが上がりより良いキャリア設計が出来るという。古くは昭和初期の哲学者、三木清が「主観的な感情は知性的である」とも言っているが、その主張もペインと共通するところがある。

現代の経済活動は、様々な研究を通して知識やデータが集められ徹底的な効率化を推し進めてきたが、経済の行き詰まりは各国の問題となっている。効率化の流れに呼応するように「感情はコントロールするもの」として感情を感じたり表したりすることは疎まれてきた。しかしその方向性も限界にきているということだろう。

そこで昨今、社会の注目が集まっているのが「感情的知性」だ。
昨年は”知識から感情的知性の時代へ”という帯の付いた「共感力」と言う本が出版された。今まで疎まれてきた「感情」が実は知性であり、力になるとは大変面白いではないか。
改めて大切にしたいのは感情であると伝えていきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
4
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。