Vol.357「純粋性を大切にする」

「純粋性を大切にする」
純粋を辞書で引いてみた。すると汚れがないとか、一途なことと出た。
ここだけ切り取ってみると素晴らしいことのように見える。
でも実際の社会で純粋であろうとすると、かなり融通の効かない人かもしれない。

なので「ある部分に対して純粋なところがある」ということを純粋性ということにしよう。
普段写真を撮るのが大好きなので、何を見ても光の当たり方を気にしてしまうんだ。とか礼節を重んじることが何よりも大切だと思うんだ。だから初対面の人に会うときは必ずスーツを着るよ。自分が大切にしたいことを守り、遂行する様子は生き生きとしているように見える。

吉田首相のブレーンだった白洲次郎はプリンシプルを大切にしていた。
プリンシプルとは要は筋を通すという意味だ。彼が軽井沢ゴルフ場の理事長だったとき、時の総理である田中角栄から「明日ゴルフ場を使いたい」という連絡が来た。しかし彼は会員以外は急に使うことはできない旨を伝え、総理大臣でも規則は例外にならないとした
彼は「子供っぽいかもしれないが僕のプリンシプルは譲れない」と言っていたという。

彼が言ったことも純粋性なのだと思う。
自分の中にある「大切にしたいこと」を守り通すこと。
それはきっと人生を豊かにするだろう。
それには「大切にしたいこと」が何かを明確にして、自分の中の純粋性を大切にしていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。