白黒

【全ての人の心に愛はある?】

全ての人の心には愛があるのでしょうか?こんな質問を受けました。私は「持っている説」を採用しています。厳密に言うと愛が何かを定義することや、そして愛を持っているか全人類を検証することも不可能なレベルです。ですが私なりの考えをまとめてみました。

愛を与えたい、または愛が欲しい、と思う心は全ての人にあると考えています。と言うのは、生まれたての赤ちゃんが誰かを呪ってやる!とは思っていないと思うのです。最初は愛を求めると思います。おっぱいをもらったり、おしめを替えてもらう形で愛がやってきます。

でも、場合によっては愛がやって来ないこともあります。育児放棄や、虐待、過剰なコントロール、親の死去などなど。そういう経験を通して「愛が来ない!」「愛を受け取ってもらえない!」と絶望すると、心が拗ねてしまったり、怒りに転じてしまったりするのは想像に難しくありません。

なので、怒っていたり、拗ねている人は
元々「愛を求めている、または与えたい」人と言えると思います。すなわち、心の中に愛がある人なのだと思うのです。そう思うと、全ての人に愛はあるのではないかなと思います。この説を採用しているのは、私自身が愛ある人たちの中で生きたいという願望でもあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。