スクリーンショット_2019-04-06

【男子校以来、男だけの中でも自然体で過ごす】

軽井沢の山の中に研修に来ています。明治からの古い別荘地、道路と敷地を区切るために低い石垣の壁があります。石は風雨にさらされ角が丸く、苔むしており、その様子に歴史を感じます。おとづれた別荘も、外国人が使っていたと言います。三角屋根の天井は高く、リビングの空間は見上げるほどです。

暖炉があり木目の美しい木で作られた広い空間は、私にとっては非日常でとても気分が上がります。実はここに集まった学びの仲間は全員男性なのです。私にとって男子高以来の体験です。ここで自分らしくいられない自分を発見します。それは年上の男性に対して自然体でいられません。

よく爽やかだねと言われる私ですが、それ以上に笑顔を作っていることに気づきました。どうも表情筋が疲れると思いました。このことに気づいてから、なるべく笑わないようにしたり、自然な自分への回帰を試みています。もっと楽でいられるように。コミュニケーションを円滑のできるように。

人がパフォーマンスを一番発揮するのは、心理的安全がを感じた時と言われます。気を使わず、自分の力を十分に発揮できるそうです。どんな場面で自分は気を使ってしまうのか、特定の場面や相手に気づきたいものです。そしてどんな時でも自分らしくいてコミュニケーションを取りたいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。