見出し画像

【100%完璧な人間はいない】

先日読んだある記事で「発達障害グレーゾーン」という用語を見かけました。厚労省では発達障害を「低年齢で発現し、日常生活や社会生活に制限を受けるもの」と定義しています。ですが、その定義に当てはまらないけれども、生活に制限を受けやすい人のことを指すようです。

しかし、私からみたらみんなどこか変わっていてとんがっていたり、欠損していたりして、人間はデコボコです。自分がどのようにデコボコしているのかを知っていることが何より大切と思います。そのデコボコに合うように、周囲の環境を整える工夫は必要だと思います。

デコボコにヤスリをかけたりして整えようとするのは、大変遠回りだと思うのです。なぜならこのデコボコはその人の特徴であり、もしかしたら才能も内包しているかもしれないからです。

改めて言いましょう。
100%完璧な人なんていない。みんなどこかが出っ張っていて、どこかが凹んでいます。人間、デコボコなんです。
デコボコだけど、それでいい。その特徴を活かせるような社会、活かせるような生き方を作りたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。