【フレディ(Queen)だってそうだった】

フレディ(Queen)だってそうだった。
なんの話かって?それは自分の好きなことが上手く行かないことがあると言う話さ。かの有名な世界的バンドQueen、昨今映画となって再び話題に上がってる。このおかげで、貴重な記録映像を見ることができた。Queenのメンバーをインタビューしたものだ。


その映像では、学生バンドとしてスタートしたQueenの様子が残されている。最初のアルバムは全く売れず苦労したと言う。次のアルバムは成功した。そして地元の英国よりも先に日本でスターになっていた。日本では空港に降り立ったところから大騒ぎ。たくさんの女子に囲まれた映像が残っている。


もちろんライブは満員の大盛況。しかし、まだこの時もメンバーは貧乏だった。週給20ポンドしかもらっていなかったのだ。そんな状態から始まっていたのだ!あの世界的なバンドが、だ。これは大いに勇気をもらうではないか。まあ自分が世界的に有名になるかは置いておくが、誰もがゼロからスタートするのは不変だ。


そして、どこまで行くかもわからない。当の本人たちもブレイクするかどうかわからなかったと言う。大変励まされる話だ。誰もが明日をもわからない世界を生きている。支えているのはビジョンだけだ。そして根拠の無い自信だ。根拠が無くて良いのなら僕にもある。笑。みんながビジョンを追いかける、少しうるさい社会になってもいいと思うのは、僕だけだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。