感情のシェアVol.240「西郷隆盛と桂小五郎の感情的知性」

感情のシェアVol.240「西郷隆盛と桂小五郎の感情的知性」

細川一滴
00:00 | 00:30
誰でも絶対に許せない
と思うことが人生にはあるものです。

一般的な対処法は
そういうところから距離を置いたりしながら
なかったことにして過ごします。
なるべく思い出さないようにしながら。

しかしガチンコで向き合わざるを得なくなっったら
どうしますか。

相手を切り捨てたり、断罪したりするでしょう。
同時に正当性を主張するはずです。

しかし維新の三傑と言われた
西郷隆盛と桂小五郎がやったことは
内面に積み重なったわだかまりを脇に置き
未来を取ったのです。

日本が大戦終末時に無条件降伏を受け入れたのもそうです。
これは人として最大級に難しいことと思います。
しかし、彼らはより大きな未来を取った。
これが彼らの感情的知性の高さを
証明していると思います。

自分の考える正しさを曲げても
その先にある未来を選択し、勝ち得た。
こういう事例を知っておくことは大切です。

とても困難なことではありますが
未来の一点を見つめることで
それができるかもしれません。


あなたは今、どんな感情ですか?

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 

感情の学校URLはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
頑張ります☆
6
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

こちらでもピックアップされています

感情の学校
感情の学校
  • 463本

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。

コメント (1)
未来を見据えて決める❗今の僕にもしっくり来ました。ありがとう‼️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。