新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

PJNOベスト8 スピードLO


自己紹介

こんにちわ、千葉県柏、松戸付近でポケカをしているタネボーと申します。イシヘンジンLOぶりに記事を書いてみることにしました。
特に実績はなくPNJO参加者のCSPポイントの平均を爆下げしていました。

最近の趣味は加藤純一さんの動画を見ることとDBDにはまってます。

どちらかというと普段からマイナーなカードを使ってデッキを作ることが多く変なデッキを作って遊んでいます。

このデッキは特に記事とかは書く気はなかったのですがワタル落ちたらどーするのかけっこう聞かれたので解説しようかと思います。


環境考察


ムゲンダイナが単純な殴り合いでめちゃくちゃ強かったので環境の中心となり今までのタッグチーム全般のデッキはかなり減ると思いました。


tear1 ムゲンダイナ ピカゼク クワガノンV

tear2 3ザシアン スピードザシアン マルヤクデVmax ボーマンダVmax LO系統 コズガ

tear3 グソクムシャ ミカルゲ ヤミラミV ジュナイパー スワンナ 超ミュウ ゼラオラパルスワン インテリオンフリージオ

今回は優先枠でている人がかなり多い割合を占めてしたので環境の予測が難しかったのですが、上手い人はグッズロックを使うイメージがあったのでクワガノンが多いと予想しました。自分はクワガノンの構築が煮詰まらずムゲンダイナやミラーに、勝てる気がしなかったので使いませんでした。ピカゼクをtear1に入れている理由はよく練習してくれる私が知る限り最も強いピカゼク使いのテラさんが良いデッキを作っていたのでムゲンダイナに渡り合えつつクワガノンを無理なく採用できるピカゼクの評価は非常に高かったので、個人的な評価がかなり高くなっています。
tear2は既存の順当に強いデッキを予想。ただグッズロックに対する解答はあまりないように感じました。
ボーマンダVmaxはとんでもんない天才がヤバいのものを作ってきそうと思っていたので入っています。ただピカゼクとクワガノンが苦しいのが痛いとは思います。
tear3は環境的に厳しそうな既存のデッキと私が考察して諦めた謎デッキ達が入っています。もしかしたら同じ考えの人がいるかもしれないと思いましたが全然いなかったので私の頭がハッピーセットなだけでした。

レシピ画像 

画像10

デッキ作成の経緯

この大会がリモート大会ということで時間がかかるLO系のデッキは厳しいと思ったのと、既存のチラチーノLOやマグカルゴLOはクワガノンに対して事故らされて負けると思ったので高速で相手の山札を削ることと、グッズに頼らなくてもある程度戦えるサポート軸にしてデッキを作りました。
できるだけやることをシンプルにして自分のプレイングレベルに合わせて構築したので、もっと細かく練れるところもあると思いますが、自分のやりたいことを詰め込んでどうにかまとめました。
デッキ公開制のルールだとオリジナルデッキの旨みは少ないですが、インパクトのある構築になったので大会で使用することにしました。(目立ちたかった。)


このデッキの基本的な動かし方

まずはクイックボールなりキャプチャーエネルギーを使ってザシアンVを立てます。とりあえず序盤はふとうのつるぎを毎ターン打ちたいです。
手札にピッピ人形やメリープがあれば基本的には出してしまって大丈夫です。対戦相手がベンチ狙撃してきそうならミュウも置きます。
カイリューを2枚出すときはベンチを1つ空けておきます。
相手が1匹目を倒したらマチス→カスミ→ワタルと繋げてカイリューを2枚置きます。
カイリューが2枚立てばあとは手札に必要札がたまれば一気にLOをします。
必要札は相手によって違いますが基本はジュジュベ&ハチクマン、マチス、友達手帳、リソースマネジメントのヤレユータンなど相手のデッキを削るカードパーツと自分の山札を復旧させる2種類が必要になります。
基本的には自分の山札がないときにマチス→ハチクマン→ハチクマンと空打ちをするのが理想です。山札がなくなれば友達手帳、ヤレユータン、ピッピ人形を使い自分の山札を戻していきます。あとは相手の山札がなくなるまで削って終わりです。
リソースマネジメントはトラッシュにある好きなカードを山札に戻せるので3枚の選択肢は限りなくあり、その状況で最適解をできる人間はいないと思っています。私ももちろんできません。カイリューが場にいるかいないかにもよりますがよく私がするのはスピード雷エネルギーをトップで固定して下の2枚をそのまま持ってこれるようにすることが多いです。これが簡単で非常に強力です。かつ、ほとんどなにも考えないので早いです。早いということが1番重要でそもそも場ができていてデッキゼロの状態でリソースマネジメントを打っている時点でほぼ勝ちの盤面なのであとは時間内に削れるか。というところになります。

このデッキの強みは盤面が揃ってしまえば仮にマリィで手札を流されて手札が4枚になったとしてもカイリューのファーストコール2回で2枚、ドローサポート3枚(とりつかい、シロナ&カトレア、カスミのお願い)運が良ければですがスピード雷エネルギーで2枚、ふとうのつるぎで3枚と一気に手札を回復できます。相手が寝てて動かないならやろうと思えばもう1ターン同じくらい引けます。このぐらい沢山手札があればある程度必要札は引けているはずなので圧倒的な手札の枚数でそのままガンガン相手の山札を削っていけるので楽しいです。

あくまでもここまでは理想の話なんで当然このように上手くいくこともありますが、上手くいかないときもあります。そもそも相手にハチクマンが採用されていたり(鬼人)、グッズロックをしてくる相手には理想の動きはできません。サイドにワタルラインやマックバンラインが落ちることは非常によくあります。ないならないなりに頑張ります。
ジラーチプリズムスターの入ってるデッキとかと同じです。
あくまで個人的な考えですが、デッキにピン採用してるカードがサイドに落ちたときに負けたいいわけにしたくはないです。

ワタルラインが落ちた場合、カイリューを立てるために4枚入っているカスミのお願いがそのままキーカードとなります。こいつで状況に応じてサポートカードを集めてLOしていきます。
逆にカイリューが立つなら最初以外はさほど使いません。
ふわふわメリープとまどろみの森4枚ずつの構成は非常に雑に強く、対策が薄いデッキはかなり止めれます。1度止まれば相手のポケモン入れ替え、マリィ、リセットスタンプなどの相手にとって重要なリソースをガンガントラッシュしてそのまま勝てます。
またボス指令とムゲンダイナが登場したことにより今まで環境にいたマリィが4枚入っているデッキ(モルペコ、オーロット&ヨノワール、ドラパルドVmax)が減ったことも追い風です。ボスの指令登場前はあらゆるデッキにマリィが4枚入っていたのでこのカードの存在は非常にでかいです。



採用カード



ミュウ2枚 
ピカゼクとマンダが多いと思ったらあんまりいなかった。この大会で役にたったことはなかった。

メリープ4枚
まどろみの森4枚
強いカードは4枚入れる。事実上のデッキの主役。ベンチにいるメリープがボスで引っ張られるはずなので最大枚数。

カイリュー2枚
ワタルプリズムスター1枚
カイリューが2枚立つと楽しい。1枚でも十分強い。だがワタルが落ちるとはかいこうせんされる悲しいドラゴン。予選7回戦中ワタルが3回落ちて笑った。

ヤレユータン(さるぢえ)1枚
主にカイリューが手札にきたときに山に返すのに使う。マリィケアでデッキトップを固定したりハチクマンでいらないカードをトラッシュに送ったり色々できるが最終的にベンチの邪魔なので、HP120の壁としてよく生け贄にされがち。

ヤレユータン(リソースマネジメント)2枚
LOにおける神様。こいつがいればなんでもできてしまう。数多くのコントロール系デッキの原因。嫌い。

エイパム1枚
抑止力。相手のプレイに制限をかける。公開制でないなら相手の貯まった手札をもぎ取る。

ザシアン2枚
生きるセレモニー。とりあえず手札を引けるというカードは最強。キャプチャーエネルギーの登場で安定感が増した。使わない試合はほとんどない。


マグカルゴGX1枚
ミュウ&ミュウツー1枚
基本炎エネルギー1枚
マックバンGXライン。採用するか迷ったがGX枠が余ったので入れた。予選ではワタルラインが落ちまくったがこちらのラインはあまり落ちなくて上手く決めれたので入れてよかったと思う。非常に攻撃的で強気の採用となった。

とりつかい2枚
フウとランと1枚ずつ採用にしようかと思ったがLOは予選では時間足らなくて引き分けになるから山札を引けるとりつかいを2枚にした。

ザオボー1枚
マジで便利な男。好き過ぎて自分がつくるデッキにはけっこう入ることも多くSRも買っちゃった。
LOにおけるザオボーはめっちゃ便利。
主に混沌のうねり、エスケープボード、隠密フードなどを破壊してメリープのアシストに徹するが稀に友達手帳、カイリューと合わせて連打して特殊エネルギーを壊したりもする

カスミのお願い4枚
このデッキのポイント。強い。
基本はワタルに触るカードであるが、タッグコールがないのでハチクマン、マチスあたりを手札に持ってくるのにも使う。カイリューが立たないならカスミで頑張る。

ジュジュベ&ハチクマン4枚
コントロール型ではないので最大枚数の採用。
どうにもならない不利相性もハチクマンを打ってリソースを枯らしていくプランをとれる。
自分のリソースは対戦相手よりはケアできるはずなので重要なパーツが落ちても泣かないこと。

マチス4枚
カスミと合わせて使いたいので最大枚数。エクストラルールの禁止カードが弱いわけない。

シロナ&カトレア2枚
マチスと合わせると非常に強い。

クイックボール4枚
こんなにいらないかとも思ったけど初動にザシアンたてないと弱いのと有利対面とのたねぎれ事故負け回避で最大枚数。正解はわからない。

友達手帳4枚
カイリューと組み合わせると強いので最大枚数。ハチクマン、マチス、手帳と合わせてとにかく山札を削ることを意識。手札に持ててる枚数と相手の山札の枚数でリソースマネジメントの要求が変わるので重要。

リーリエのピッピ人形4枚
壁。ハチクマンと合わせて人形を押しつけたりする。まああった方がプレイは楽。山札の復旧も強い。

普通の釣り竿1枚
タケシのガッツとめっちゃ悩んで釣り竿にしたけどこのデッキならタケシのがよかったと思う。

キャプチャーエネルギー4枚
強いので4枚。個人的にはクイックボールより優先したい。

スピード雷エネルギー4枚
クワガノンを練っているときにこのカード強いなーって思っててメリープに張ったら楽しそうなので入れた。ドローは正義。
アブソルの採用はムゲンダイナ程度と考えていた。
めっちゃ枚数減らしたくなったがデッキ公開の際にインパクトある。このカードの採用と高速デッキデスからデッキ名とったので最大枚数。非常におしゃれ。


採用を検討したカード達


クワガノンV
スピード雷エネルギー導入とともに採用されたが、プレイが難しくなるのと打点が高すぎた。

フリージオ
わざ打てたら強いけどエネルギーの色がきつい。

ボスの指令
グッズロック系のやつと同時に採用しようと思ったがやめた。

タケシのガッツ
1人回し中に6枚指定でカルゴを回収する場面があってムカついたので釣り竿になった。タケシのがコンセプトにあってる。

ラプラス
マーメードコールでカスミのお願いを回収していくのもけっこう安定するのでワタルラインと悩んだが爆発力をとってワタルとカイリューを採用した。あとイラストかわいい。

アブソル
ジラーチに対して強いけど最近はエスケープボード1枚が多いからザオボーでいいと判断。
あとベンチ枠がない。

フウとラン
手札を山札に戻したい場面がありそうだったのでとりつかいと1ー1だったがLO以外にその場面がなかった。

キリンリキ
LO対策に考えたがLOは環境的には合っているものの、絶対数が少ないのとクワガノンに殺されると思った。あとこのデッキはこの1枚だけあってもどうにもならないので諦めた。

回収ネット
ミュウツーとギラティナと組み合わせて採用したがプレイングが難しかった。

ツボツボGX
ミカルゲ対策で入れようと思ったがミカルゲがクワガノンきついから無理と判断し切った。

横浜のピカチュウ(なみまをはしる)
おしゃれだけどさすがにいらない。


当日の対戦レポート


1戦目 3ザシ ひがちゃんさん

画像1


不利マッチ
いきなり不利マッチ引いたなーと思いながらお相手のデッキリストを見るとコバルオンが入っていた。先行1ターン目にコバルオンたてられて負け。辛い。


2戦目 タチフサグマ ちくわーるどさん

画像2


え、タチフサグマ?マジかーとは思った。
ムゲンダイナ登場で滅びたと思ってた。

有利マッチ
対戦中お相手の音声が聞こえなくなるトラブルが発生。ジャッジの方も来てもらいなんとか試合を続けたが時間がどうにもきつく無理かと思ってたがほぼ詰み盤面のお相手が投了してくれた。すみませんありがとうございます。
いやー本当に焦ってとても疲れた。


3戦目 クワガノン Yuki(ユウキ)さん

画像3


有利マッチ
ジラーチが採用されてないのでエスケープボードが少なく入れ替え絞ってるタイプ。

とりあえずサイド落ちを確認したところワタルが落ちた。
ワタルー!
この肝心なときに落ちるかねー!
仕方ないのでメリープとカスミで応戦クワガノンが止まってくれたので勝ち。疲れた。


4戦目 ムゲンダイナ いしいさん

画像4


やや有利マッチ
やっとこさ想定してた有利マッチ引けたと思ってリスト見たらレッド&グリーンとマニューラGXとレッドバイキングのアクジキング入ってた。これ普通に負けあるぞと思ってとりあえずサイド落ち確認したらワタル落ちてた。
ワタルゥー!
メリープで眠らせてカスミで頑張る。どうやらマニューラGX1枚サイドでもう1枚がハチクマンで落ちて立たなかったのとレッドバイキングのアクジキングがサイドに落ちたらしい。下振れ対決に勝利。


5戦目 3ザシ よっぺさん

画像5


やや不利マッチ
きつい相手だけど今回はコバルオン入っていないので試合になるだけありがたい。
今回はワタルもいる。正念場。
最終局面残りサイド1枚
お相手の山札10枚トップさるぢえで固定のうち最後のボスが1枚このボス落とさないと負け
マチス→ハチクマン×2で9分の5勝負。

最後の6枚目のトラッシュでボス落ちた!

よし!
こちらのハチクマンも尽きたのでピッピ人形で最後粘ってどうにかぎりぎり勝ち。めっちゃ疲れた。


6戦目 ムゲンダイナ おかぴーさん

画像6


有利マッチ
流石にプレイングが上手くて山なんかほとんど削ってくれない。まどろみ下でもムゲンダイナがけっこう起きてきたけど流石に絶対的相性差で勝ち。
デッキの上に色の違う基本エネルギーをのせてデッキカット選択させている姿がとても印象よかった。今度真似しようと思った。


7戦目 ジラサンコケコンボ Mikoさん

画像7


やや不利マッチ
大会参加者唯一のジラサンらしく入れ替えギミック多数。サイドも誤魔化せる。クワガノンがいてとりつかい3枚は強い。
とりあえずサイド落ち確認。ワタル落ちてる。
ワタルゥゥーーー!
ミュウ&ミュウツー落ちてる。
虚無。
今まで両ラインが落ちてきたことはなかったので最後の正念場。一気に不利マッチに変わる。
とりあえずザオボーでエスケープをケアしながらメリープ連打ピッピ人形押し付ける。
今まで使われることのなかったエイパムがとりつかいのあとの手札を引き抜きにいってリソースを枯らしにいったりして全ての試合の中でも一番熱くめちゃくちゃ楽しかった。
どうにかリソース切らして止まってくれたので勝ち。
6-1
予選10位抜けやったぜ!


2日目 初戦

 ドクケイルフリージオ メガりょうさん

画像8


有利マッチ
1本目
カイリューは使えないマッチ。
とりあえず後手1ロックされるとめんどうなので後手とるとお相手非常に丁寧なプレイング。恐らく2戦目サイド4枚とってサドンデス持ち込みたいと判断。この手の良い意味で変態デッキ持ち込んでくる人が本気で勝ちにきた気持ちを感じた。こちらもスピードをお相手に合わせて雑談などをしながら終始和やかなムードの中1本目は勝たせてもらった。
私のデッキを組んで夜中の3時まで回してらしい。やばぁい。

2本目
残り時間を確認したところ25分といわれ
これこのデッキでサイド取りきれるか?と感じた。とりあえず1戦目と同じスピードでプレイしてターンを返すとお相手一気にギアを上げて高速でデッキを分回す。速くて感動してた。
こちらはサイドを3枚までに守り切る戦いにシフト。とりつかいの確保を手厚くする。基本的には毒ダメージとカチカチロックだけなのでこの時間なら守り切れるはず。結果的にはサイド1枚に抑えた。2戦目引き分けで勝ち。
対戦後の雑談でボスの指令、とりつかい、ギーマがサイドに落ちましたと聞いてめっちゃかわいそうになった。ただ1本目で時間使いすぎてしまったとのこと。
お相手に次恐らくクワガノンとの勝負で勝てる気しないのでどうしたらいいか相談。
とりあえずメリープで寝かせるしかないのとアドバイスをもらった。ありがたい。


2戦目 クワガノン ヤスノリさん

画像9


不利マッチ
全体のレシピが公開されたときに真っ先に見たポケカ四天王凱さんのデッキ。
見た瞬間にLOを殺しにきてることはわかって勝てる気はしなかった。アブソルがあかん。入れ替札多い。手札干渉5枚。
そしてBO3ルールが辛い。2回勝たなくてはいけない。
配信もされプレイもボロボロで完敗したわけであるがとりあえず考えていたことだけ

メリープを出せるだけ出す。
エスケープボード張られたらザオボーで剥がす。
ハチクマンを積極的に打ちにいき相手のリソースが落ちる上振れをねらう。

1戦目
ロックから即負けがあるので後手を選ぶ
お相手アブソル落ちることを祈る当然落ちない。
こちらサイド確認。ポイントにあげたザオボーとメリープ1枚のサイド落ちを確認。ワタルは落ちてないものの辛い。とりあえずザシアンとメリープをできる限り並べて止めにいく。止まらない。ハチクマン打ってリソースを落としにいく。落ちない。むしろこちらのパーツが落ちていく。きつい。こちらのプレイにミスも出る。マリィのタイミングの上手さ、入れ替えもしっかり引かれ勝てる気がしないまま完敗。
BO3のルール上1つとられればこのタイプのデッキは絶対に勝てない。この時点で負けが決まりであるがこのレベルの相手と対戦できる機会は少なく貴重な経験になると思ったのでもう1戦お願いした。2戦目でもプレイミスが出たのは完全な実力不足。完敗でした。本当に強かった。


大会の感想


こうして長い2日間の大会が終わりました。最後はボロ負けでしたが楽しかったです。
コロナウイルスでポケカの大会がなくなってしまってJCSがもしあれば、自分ならどんなデッキを握るか真剣に考えられました。

初めてのオンラインリモート大会ということもあり企画、運営、ジャッジの方々は本当に大変だったと思います。素敵な大会を開催して頂き、それの大会に参加できただけで幸せでした。

非常に長文になってしまい申し訳ありません。最後まで読んで頂きありがとうございました。

よろしくければTwitterとかにいいねとかしてもらえる喜びますのでよろしくお願いします。




73
千葉県 ポケカ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。